根腐れしたサボテンの胴切り大作戦!

冬のある日。
柱サボテンの下のほうが腐ってました。
 
 
買った時からラベルがないので何ともいえませんが、武倫柱 – Pachycereus pringlei –あたりでしょうか(適当)。真冬に向かう今の季節は胴切りする時期ではないのですが、そんなこと言ってられませんね。

用意しますは、殺菌剤ベンレート、それを塗るための筆、カッター、手袋。
ベンレートは、ダイセン、石灰、硫黄華、ハイフレッシュなどでも良いかともいます。

ちなみにサボテン用の手袋って色々試験したりしたのですが、現在はこれに落ち着いています。
ニトリル素材でできていて500円ぐらいです。巨大なサボテンなどを除いては、おおよそのサボテンに対応できる・・・と思います。

カッターはライターで炙って消毒します。アルコールでもいいかもしれません。
サボテンXウイルス対策としては第三リン酸ナトリウムがよいでしょう。

引っこ抜きます。

適当に黒いところで切断します。

完全に茶色・黒いところがなくなるまで切ります。

完全になくなってから・・・

念の為にもう一度切ります。

このままだと乾燥した時に、断面が収縮して凹状になってしまうので切断面をテーパ状に加工します。

ベンレートを塗ります。
環境が良ければ塗らなくてもいいかもしれません。

30分程度日光に断面を当てます。
紫外線消毒的な。

ここまでやったら、湿度の低くて、風通しの良くて、直射日光の当たらないところに放置します(私の場合は、室内の明るめのところ)。

そんで、完全に乾いたら挿し木ですかね。













というわけで、切断から3週間後・・・・













Oh!


 
 断面は綿状のカビが。

 




・・・ま、こういうこともある!


うーん、保存場所(室内)の環境がわるかったんですかねぇ。
もしくはカッターの殺菌がだめだったのか・・・。

というわけでいままでありがとう、そしてごめんなさい武倫柱(仮)!


読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする