投稿記事一覧

スポンサーリンク
ついにアガベやアロエなどの単子葉植物の接ぎ木方法が確立!
ということで、英国はケンブリッジ大学のGregory ReevesらがNature 2022年2月10日号に発表した驚くべき論文です。 Monocotyledonous plants graft at the embryonic root–...
Switchbotで温度・湿度を測り、Googleスプレッドシートに記録してWEBに埋め込む方法
ベランダとルーフバルコニーの温度をモニタリングしたい!!!! ということで、以前はマイコンだとかArduinoだとかRaspberryPIだとか、電子工作とプログラミングで温度を測ったりしていたのですが、時代は流れまして、スマート家電だかI...
ケーレスの種子リストに和名とシノニムを自動でつけるぞ!
あらすじ さーて、ケーレス(Koehres-Kakteen Online Shop)で、サボテンの種子でも輸入するか! ↓ 学名の羅列でどれがほしい種だかわからん! ↓ 成長したらどういう見た目になるのかもわからん! ↓ そうだ!以前作った...
プチプチでサボテンを包むだけ!戸外キャップ栽培の1年間の効果やいかに!
というわけで戸外キャップ栽培というサボテンの栽培法があるようなんですね。 詳しくは、札幌カクタスクラブ様の「戸外キャップ栽培」のページをご参照ください。 重要な部分を引用させていただきますと 透明~半透明のポリなどをサボテンや多肉植物の鉢に...
貴重なサボテンの本(伊藤芳夫先生とか)が無料で読めるようになったぞ!
「サボテン関連の貴重な絶版の書籍が、オンラインで無料で読めるようになったぞ!」 などと言うと「なんだ、そんなことあるものか。人を馬鹿にするな」とぼやく人もあろうが、少し待ってください。(・・・以上、サボテン博士こと伊藤芳夫先生風の書き出し)...
サボテンは岩の横に生えている話と新しい栽培法
下の画像は前回の記事「Googleストリートビューで自生しているサボテンを探すぞ!」で見つけたサボテンですが、球サボテンの生育環境において共通の部分があるように思います。 そう! それは サボテンはそれは岩に生えてるんですね! そして伊藤芳...
Googleストリートビューで自生しているサボテンを探すぞ!
サボテンの自生地に行きたい!!! 広大な自然の中でたくましく生きている、荒々しい球サボテンが見たい!! 西部劇みたいなところで、高くそびえ立つ柱サボテンが見たい!! ・・・でも、 お金もねえ! 時間もねえ! 英語もできねえ! ラジオもねえ!...
多肉系ユーフォルビアの雌雄異株か否かリスト一覧(約450種)
多肉系ユーフォルビアには「オス」と「メス」があって、両方揃わないと種ができないとよく言われています。 たとえば下の写真。ユーフォルビア・バリダ(Euphorbia valida)ですが、右の種ができているのがいわゆる雌株(メス株)で、左が雄...
伝説のサボテン:イスラヤ属「怪人鉄塔」の由来と考察
サボテン科にはかつて「イスラヤ属(Islaya)」という属がありました。南米はペルーのイスライ州(チリとの国境の近く)付近に自生するサボテンです。 大きさは小さめで、刺座付近のふわふわの綿毛と頂点から咲く黄色っぽい可愛いらしい花が特徴でしょ...
断水されたパキポディウムが春に水を吸い膨らむタイムラプス動画
というわけでこの季節がやってきました。 春ですね、春! そう、長いこと断水していたパキポディウムが水を吸う季節なのです。 というわけで前回の記事はこちら。 ということで、今回の水を吸うパキポディウムはこちら。 パキポディウム・サキュレンタム...
多肉植物用ユーザー辞書(和名・学名変換)が完成【約60000単語】
ブログとかSNSとかで、多肉植物の写真や記事を書くときに、その漢字や学名を書くのってめんどいですよね。私はめんどいです! というわけで、多肉植物の学名・和名のユーザー辞書(PC、スマホ用)を作りました。 ちなみにこの話題は、かつて↓の記事で...
アロエ・コンプレッサとシストフィラの違い
数年前にドイツのケーレスから種を輸入し、下記2種のアロエを開花まで育てました。 アロエ・コンプレッサ(Aloe compressa) アロエ・コンプレッサ・シストフィラ(Aloe compressa var. schistophila) で...
アロエ・ビートル(Aloe cv. ‘Beetle’)の話
昔、「アロエ・ビートル」というラベルが貼られたアロエを買いました。 普通のお花屋さんで200円だったでしょうか。 ↓写真は2015年頃。購入してすぐ。トゲトゲがなかなかかっこいい。 ↓写真は2017年頃。どんどん仔株が増えていきます。 ↓写...
伊豆シャボテン動物公園(第6章:シャボテン狩り工房&グランピング編)
というわけで伊豆多肉植物の旅もついに最終章。伊豆シャボテン動物公園:シャボテン狩り工房&グランピング編です! 前回の記事とかはこちら。 伊豆シャボテン動物公園(第1章:シャボテン公園全体編) 伊豆シャボテン動物公園(第2章:南アメリカ温室編...
伊豆シャボテン動物公園(第5章:メキシコ温室編 3/3)
というわけでシャボテン公園旅行記メキシコ温室編全3部作の第3弾になります。 メキシコ温室編第1弾はこちら メキシコ温室編第2弾はこちら というわけでスタート! マミラリア・金星(Mammillaria longimamma)。旧ドリコテレ属...
伊豆シャボテン動物公園(第5章:メキシコ温室編 2/3)
というわけでシャボテン公園旅行記メキシコ温室編全3部作の第2弾になります。 第1弾はこちら というわけでスタート! オプンチア・大丸盆(Opuntia robusta)。写真のやつはかなり体調は悪そうです。綺麗な円形になる大型節のウチワサボ...
ラテン語の学名の読み方をカタカナに変換するプログラム完成
ブログとしてはシャボテン公園旅行記の途中なのですが、いろいろな植物にコメントを付けていく上で、「学名」の読み方についてちょっと思うことがあったので、閑話休題として、ラテン語→カタカナの読み方・発音の変換プログラムを取り急ぎ書いてみました。 ...
伊豆シャボテン動物公園(第5章:メキシコ温室編 1/3)
ということで第1章「シャボテン公園全体編」は↓ 第2章「南アメリカ温室編」は↓ 第3章「アフリカ温室編」は↓ 第4章「森林性サボテン・マダガスカル温室編」は↓ というわけで、サボテンメインの温室! メキシコ温室編です!!!!! 実は1記事で...
伊豆シャボテン動物公園(第4章:森林性サボテン・マダガスカル温室編)
ということで第1章「シャボテン公園全体編」は↓ 第2章「南アメリカ温室編」は↓ 第3章「アフリカ温室編」は↓ ということで、第4章の森林性サボテン・マダガスカル編スタートです! 森林性サボテン温室およびマダガスカル温室は、ともに他の温室に比...
アナナスとブロメリアという言葉の違いと使い方のまとめ
ブログの流れとしては、シャボテン公園旅行記の途中なのですが、シャボテン公園で見たシマサンゴアナナスをみて、どうしてもまとめたくなってしまったので、今回は閑話休題となります。 ・・・ 少し植物を嗜んでいると、アナナスって言葉たまに聞きますよね...
伊豆シャボテン動物公園(第3章:アフリカ温室編)
ということで第1章「シャボテン公園全体編」は↓ 第2章「南アメリカ温室編」は↓ ということで、第3章のアフリカ温室編スタートです! アロエ、ユーフォルビア多めです! ちなみに、アフリカには「サボテン」はありませんの注意です!サハラ砂漠にサボ...
伊豆シャボテン動物公園(第2章:南アメリカ温室編)
ということで伊豆多肉植物探索旅行:伊豆シャボテン公園パートの第2章です。 ちなみに第1章「シャボテン公園全体編」は下から。 ここからは温室内の植物を片っ端から紹介してきます(全部ではないです)。 ちなみにシャボテン公園のサボテン(植物)温室...
伊豆シャボテン動物公園(第1章:シャボテン公園全体編)
前回の記事:伊豆多肉植物探索旅行「熱川バナナワニ園編」はこちら。 というわけで、伊豆多肉植物探索旅行、熱川バナナワニ園で熱帯植物の見学を堪能した次の日は、念願の伊豆シャボテン動物公園です! 伊豆シャボテン動物公園公式ページはこちら。 「伊豆...
熱川バナナワニ園に行ってきたぞ(後編:本園編)!
というわけで、熱海多肉植物旅行・熱川バナナワニ園後編:本園編です! 前編を読まれていない方は↓からどうぞ というわけで本園です。分園からバスに乗って戻ってきます。 第1号温室からスタートです!第1号温室は熱帯花木。 第一号温室入ってすぐ右に...
熱川バナナワニ園に行ってきたぞ(前編:本園ワニ園・分園編)!
ということで、2021年11月の連休を利用し伊豆方面に旅行にいきました。 主な目的地は、熱川バナナワニ園と伊豆シャボテン動物公園で、多肉植物他の鑑賞目的です。 それなりにたくさん写真を撮ってきましたので(でもブログに載せられるには容量の関係...
パキポディウムの夾竹桃接ぎに挑戦
ということで!前回の記事では、パキポディウム属が含まれるキョウチクトウ科は「複並立維管束」であるから接ぎ木が(サボテンよりも)容易であると書きました。 ということは、例えば、サボテン界では柱サボテンに玉サボテンを接ぐように、「属」を超えての...
パキポディウムの接ぎ木が簡単と言われる理由【特殊な維管束】
ということで、前回に続きパキポディウムの接ぎ木のお話。 今回の記事は少々学術的な話が出てきますが、私は全く専門外ですので間違いがあるかもしれません。ということで、あまり信用せず、他人に話すときは自己責任でお願いいたします!   さて、巷では...
パキポディウム・恵比寿笑いをルーテンベルギアナムに接ぎ木するぞ!
というわけでパキポディウムの接ぎ木のお話。 前回の記事はこちら。 というわけで今回の穂木はこちら。パキポディウム・恵比寿笑い(Pachypodium brevicaule)。たしか去年実生したもの。 恵比寿笑いは成長が遅く、暑さにもあんまり...
今期前半のサボテン・多肉植物タイムラプス開花動画まとめ
というわけで、2021年前半のタイムラプス開花シリーズまとめです。 スーパーサボテンタイムYoutubeチャンネル(全動画)はこちらから↓ .youtubesm{ background:#fff } .youtubesm a{ border...
サボテンの全属の自生地をフィールドナンバーをもとにGoogleMapにまとめて表示するぞ
「このサボテンは南米を自生地とするサボテンである」とか、「北米を自生地とするサボテンである」とか、サボテンの自生地がどこなのかという知識は、サボテン栽培をある程度経験してくると比較的なんとなく理解しているなのですが、ではより細かく具体的に、...
100年前のサボテン・多肉植物の本の素晴らしき表現能力
先日、あまりに暇で国立国会図書館デジタルコレクションでインターネット公開されている書物を眺めていたとき、サボテン・多肉植物関係でなかなか面白い本を見つけましたのでご紹介いたします。 これです! タイトル 仙人掌図説 著者 錦草庵主人 出版 ...
謎のサボテン:モラウェッチア・セリカータ(Morawetzia sericata)の花が咲く
というわけであまり聞いたことがない名前のモラウェッチア・セリカータ(Morawetzia sericata)とかいうヒョロ長毛むくじゃらのサボテンが咲きました! モラウェッチアですよ!モラウェッチア! 聞いたことないですね!聞いたことないサ...
ソルソファームさんに行ってきたぞ!2021春
というわけで!かつての記事はこちら。 ちなみに公式のおしゃれなホームページはこちら。 SOLSO FARM 今年は3月20日にオープンです!初日に行ってきました! かなり大掛かりにリニューアルされます! オシャレ地球儀。 春なので花。マミラ...
ドライフラワーとレジンで多肉植物の花を永遠に残すぞ!
というわけで、多肉植物の花って大変美しいですよね。 そんな多肉植物の花を永遠の姿として残したい! ってことでそんなみんなの夢を今回は、 ドライフラワー化 と レジン封入 で実現してみます! 「ドライフラワー」は皆さんご存知だとして、「レジン...
伝説のサボテン料理「アシトロン」を食用ウチワサボテンで作るぞ!
アシトロン(acitrón)という食べ物ご存じでしょうか。 使うと鋼鉄になって攻撃も何もできなくなる未だに使いどころがよくわからないドラクエの魔法ではありません。 アシトロンは、メキシコの伝統的な砂糖菓子で、通称biznaga(ビズナガ)と...
【閲覧注意】サボテンについたサボテンシロカイガラムシの観察とその幼虫の動画
今回の記事は、虫がだめな人は閲覧注意です!本当に気持ち悪いです。ただしなかなか貴重な動画もありますので、興味がありましたらどうぞ。 というわけで、前回の記事ではビカクシダにつくカイガラムシの話でしたが、今回はサボテンにつくカイガラムシの話で...
【閲覧注意】ビカクシダにつくベトベトとカイガラムシのタイムラプス観察と幼虫の動画
今回の記事は、虫がだめな人は閲覧注意です!本当に気持ち悪いです。ただしなかなか貴重な動画もありますので、興味がありましたらどうぞ。 ・・・ というわけで、ビカクシダ(コウモリラン)が何故かベトベトって人いないですかね! ・・・まぁ私なんです...
ディズニーランドに植物見学に行ってきたぞ2020年夏【後編】
今回はサボテンもあるよ! というわけで前編はこちら というわけで中編はこちら というわけでラストGO! グズマニア。なんと巨大な吊り鉢仕立てです。パイナップルの仲間。きれいな花に見えますが、花ではなく、苞(ほう)と言われる部分です。カリブの...
ディズニーランドに植物見学に行ってきたぞ2020年夏【中編】
というわけで前編はこちら ディズニー庭師さんが案内する「ディズニー植物見学ツアー」とかやってくれないですかねえ。植物まつわるエピソードとか、苦労話とか聞きたいですなぁ。 というわけでGO! カラテア・ドッティ。たぶん。強い光が苦手で高温多湿...
ディズニーランドに植物見学に行ってきたぞ2020年夏【前編】
かつてこのブログでもなんども言及しておりますが、 東京ディズニーリゾートは植物園 なのです。 東京ディズニーリゾートには植物種類約6000種、約64万本が生きていると言われています。 東京都神代植物公園が植物資料約5000種で11万点、神奈...
過酷状況下で、親が死に子を助けるユーフォルビア・ホリダの仕組みについて
ついに、ついに、長かったマンション大規模修繕が終わりそうです! 新型コロナウイルス問題に伴う工事無期限停止期間があったり、記録的な雨続きでなかなか工事が進まなかったりといろいろありましたが、ついにです!2月から7月終わりまで長かったです。実...
トルチラマだと思って種から育てたトルチラマがトルチラマじゃなかった問題
ユーフォルビア・トルチラマってご存知でしょうか。 胴体が螺旋状に成長していく、超かっこいい塊根系のユーフォルビアで、多肉園芸的にはとても人気がある種です。 実物はこんなのです。昔ソルソファームさんで見かけたもの。 かっこいいですね!いつ見て...
パキポディウム・グラキリスをルーテンベルギアナムに接木するぞ!
伝説のパキポディウム・ルーテンベルギアナム(Pachypodium rutenbergianum)接ぎですよ! なんで伝説かって言ったら、それは私が見たことないからです! パキポディウム・ルーテンベルギアナムといえば、パキポディウムの中でも...
カクタス広瀬さんに行ってきたぞ!2020夏
そういえばちょっと前にいつもお世話になっているカクタス広瀬さんに行ってきました! カクタス広瀬さんの公式ページはこちら。 過去のカクタス広瀬さん関連はこちら というわけでGO! もちろんもう夏なのでハウス内はとても暑いです。 エキノケレウス...
セレニケレウス・新月柱(Selenicereus hondurensis)の開花とタイムラプス
セレニケレウス・ホンジュレンシス(Selenicereus hondurensis)です。 でっかい花が咲くいわゆる紐サボテンですね。 ちなみに和名では、伊藤芳夫先生の本によれば、「新月柱」もしくは「ホン国柱」っぽいですが、私はリアルワール...
ガガイモ(デュバリア)の吊り鉢仕立ての花が咲いて種が舞う
というわけで、我が家の魅惑的な花が魅力のガガイモ科ディバリア属のなにかの話です! 下の写真は、数年前にホームセンターで200円ぐらいで買ってきたときのもの。 たぶんデュバリア・カエスピトサ(Duvalia caespitosa)だと思ってい...
フォッケア・火星人(Fockea edulis)の蔓の回転方向の話とタイムラプス
アサガオの蔓とかって、支柱をくるくると廻りながら登っていきますが、その回転の向きは常に決まってるって知ってましたかね? 私は知りませんでしたね! (小学校で育てた時、そういうことって勉強しましたかね?) By Shuichi Kodama ...
ギムノカリキウム・新天地の刺が濡れて赤くなる現象をマクロレンズで観察
もはや一体私の他に誰が興味があるのか、検討もつかないサボテンの刺の話題です。 ・・・ こちら我が家のギムノカリキウム・新天地さん。斑入りですね。ちなみになんとこれ数年前、ダイソーで100円で売っていたものです。立派になったものです。 そんな...
オプンチア・這団扇(Opuntia humifusa) の接木の話と開花タイムラプス
というわけで今回はみんな大好き這団扇(はいうちわ / Opuntia humifusa)です! 民家の軒先にでもたまに群生して生えてるのを見かける、その名の通り地面を這うように成長する魅力的(?)なウチワサボテンのですね。 By Theco...
現在の植物の姿を永遠に残す方法【2020年版】
我が家の美しいサボテンを永遠に残したい!後世にこの美しさを伝えたい! でも、どうしたらいいだろう。。。。写真では、一つの角度からの二次元情報しか伝わらないし、ホルマリン漬けやメタクリル樹脂で固めるのはかわいそう(色素も抜けてしまうような気が...
巨大ビカクシダの玉をつくるぞ!ビカクシダ・グランデ編
本記事には色々間違い(適切でないポイント)がありますので、真似されないほうがよいと思います。本記事最下部あたりを参照のこと。 というわけで、大型コウモリラン・森の王冠ことビカクシダ・グランデ(Platycerium grande)の話です!...
徒長の原因と防ぐ方法について。断水にもかかわらず徒長するサボテンは何か?
今回はマンション大規模修繕に伴う植物の部屋での「徒長」についてのお話になります。前回の記事はこちら。 徒長とは、wikipediaによれば「植物の伸長成長が勝り、内容の充実を伴わない成長を指す園芸用語である。」とのことです。つまりは、植物が...
マダガスカル島を探索してパキポディウムを探すぞ!
自然の中に生えているパキポディウム(Pachypodium)が見たい! パキポディウムを育てている人ならみんな一度は思ったことがあるはずです。たぶん。 私の知識ではたしかマダガスカル島に生えているはず! というわけで今回はマダガスカル島まで...
ガーデンメリット賞(AGM賞)を受賞しているサボテン全リストまとめ
というわけで、ガーデンメリット賞という優秀な植物を表彰する賞がイギリスにあるのですが、そこで表彰されたサボテンたちをまとめました。 賞についてもうちょっと詳しく書きますと、ガーデンメリット賞(Award of Garden Merit= A...
アロエ属・ハオルチア属がいつの間にか再編成されていた問題まとめ
どうやらアロエ属がいつのまにか6つの属に、そしてハオルチア属が3つの属に分割されたらしいです。結構前に。 というわけで、なんとなくこの頃の多肉植物関連書籍では、それっぽいこと書かれているなぁとは思ってはいたのですが、改めて今回調べてみました...
ユーフォルビアの黒腐れ病(?)、魔界キリン救出作戦
今を遡ること2014年のはじめ。家の近くの花屋さんでユーフォルビア・魔界キリンなるものを買いました。確か売れ残りで700円ぐらいだったような記憶があります。その写真が↓。 なんという魔界感!ということで「かっけえ!」と当時興奮してた記憶があ...
最大の玉サボテン、エキノカクタス・巌(いわお)の魅力!
エキノカクタス属の代表種といえば、誰がなんと言おうと、金鯱(Echinocactus grusonii)だと思います。むしろサボテン科大代表種ですね。誰もが見たことがある(気がする)サボテンです。↓が金鯱。伊豆シャボテン公園にでっかいのがあ...
あの有名な植物の絵描き歌ができたよ!
ついに動画が完成しました! 花びらひとつありまして~♪ 小さな穴が空いたとさ~♪ 両手を大きく広げたら~♪ みるみる翼が生えてきて~♪ ムクムクきのこが生えたとさ~♪ 大きな帽子に耳ふたつ~♪ 逆さの玉ネギ描いたなら~♪ 雨がザーザー降って...
謎のサボテン:Pfeiffera ianthotheleがついに開花
※現在、家が大規模修繕中のため、少し昔に撮りためた写真で記事を書いています。ですので少し時間軸がズレています。 というわけで前回の記事はこちら。 というわけで、謎のサボテンPfeiffera ianthothele(たぶん読み方は、プフェイ...
実は激レア種?ディソカクタス・アッケルマンニー(本物?)開花
今回はアッケルマンニーと呼ばれる赤い花を咲かせるクジャクサボテンっぽいサボテンの話題です。 我が家にあった本や、WEBで「アッケルマンニー」を検索すると、とりあえずDisocactus ackermannii というのが引っかかります(ちな...
かっこいいサボテンの和名ランキング2020(後編)
ということでかっこいいサボテンの和名ランキング2020の後編です! 後編は6位から1位まで! 前編はこちら それでは! スタート!!!! 6位.砂王女【さおうじょ】 Eriosyce islayensis By Michael Wolf -...
かっこいいサボテンの和名ランキング2020(前編)
というわけで、サボテンのかっこいい和名ランキング2020年版なわけです! 神竜玉に春雷に福禄寿に仁王丸に天司丸に烏羽玉に竜眼に翠晃冠・・・ サボテンの魅力のひとつに「和名」のかっこよさがあります。 今回は、そんなかっこいいサボテンの和名を私...
ひとつ屋根の下「サボテンの花」の歌詞に隠された秘密とは!
昨日、出窓にあるサボテンを眺めながら、財津和夫さんの「サボテンの花」をなんとなく口付さんでいたのですが、ふと、 この歌の歌詞に隠された大変な秘密に気づいてしまいました。 ※ 本記事内の歌詞は、著作権法第32条における引用を利用し、掲載してお...
ホリダ×オベサ!ユーフォルビアの受粉、播種、発芽まで
というわけで、ユーフォルビアの受粉、播種、発芽までの記録です。 ※現在、家が大規模修繕中のため、少し昔に撮りためた写真で記事を書いています。ですので少し時間軸がズレています。 過去のそれっぽい記事はこちら パキポディウム版はこちら というわ...
謎のサボテン CHIAPASIA-Disocactus Emiel v.d. Auwera 開花!
4年ぐらい前、 CHIAPASIA-Disocactus Emiel v.d. Auwera という謎のサボテンの種を Koehres-Kakteen Online Shop で買って蒔きました。 なんでこの謎サボテンを買ったかといいますと...
地獄!サボテン vs マンション大規模修繕
サボテンの天敵といえば、 カイガラムシ・アカダニのような害虫や、CVXのようなウイルス、赤腐れ病や南米病などの病気、日焼けや凍傷、やたらと鉢を倒すおてんばキャットや、やたらと刺に引っかかる窓のカーテンなど、たくさんあるわけですが、我が家の一...
ディズニーシーに植物見学に行ってきたぞ!(多肉植物編)
というわけで、前回の記事はこちら 満を持して多肉植物編です! アオノリュウゼツラン Agave americana 言わずとしれたディズニーシー最大の多肉植物。荒れた山肌によく似合います。暑さにも寒さにも強い。アラビアンコースト。 アガベ ...
ディズニーシーに植物見学に行ってきたぞ!(一般植物編)
ディズニーリゾートは実は約6000種類の植物が植えられている最高の植物園なのであります(私にとって)! というわけでかつての記事はこちら 参考:花と緑の散策|Enjoy!東京ディズニーリゾート こちらの本を片手に出発です! (本記事では本当...
エキノケレウス桃太郎の開花タイムラプス動画
というわけで桃太郎です。 多肉植物で桃太郎といえば、おしゃれエケベリアさんの桃太郎(チワワリンゼ?)を思い出しますが、今回は我らがエキノケレウスのほうです! エキノケレウス桃太郎 Echinocereus pentalophus cv.mo...
断水されたパキポディウムが水をいっぱい吸うタイムラプス動画
春ですね。春といえば断水されたパキポディウムが水を吸う時期ですね。 というわけで、前回の記事はこちら! まずはこちらを御覧ください。 相変わらずこれはやべえって感じですね。 昨年の11月か12月あたりから断水です。現在4月ですから4ヶ月ぐら...
冬の室内で根腐れ??サボテンの赤腐れ病と接ぎ降ろし
いまを遡ること3年とちょっとぐらい前、大肋骨ヘキランストロンギロゴヌムというかっこいい名前のランポーを実生しました。下記写真の右上。 そんで、数ヶ月ぐらい経って鬼面角(Cereus pervianus)に接ぎました。画面左のやつ。 こんな感...
発泡スチロールの箱に3年間密封したサボテンはどうなった?
ことの始まりはこちら! 当時の記事を要約しますと、サボテンの冬越しについての考察していたところ、伊藤芳夫先生の本に 「引き出しの中に、サボテンを入れておいたんだけど、入れたことを忘れて2年後に気づいた。そんでその後普通に水をあげたら普通に成...
謎の一属一種!エスコントリア属の白焔柱(Escontria chiotilla)
というわけで、よくわからない柱サボテンの勉強の時間がやってきました! これです! エスコントリア属の白焔柱(はくえんちゅう)です! 学名はEscontria chiotillaだそうです。 ちなみに海外にて特に食用の実を表すときは、jiot...
世界らん展日本大賞2019に行ってきたぞ!
というわけで行ってきました!世界らん展日本大賞2019! 公式ページはこちら世界らん展2019 —花と緑の祭典— 仕事帰りにナイトチケット(1,200円)で行ってきました! はじめてナイトチケットで入ったんですが!暗いですね! (2019年...
断水されたパキポディウムが水を吸うタイムラプス動画
というわけで冬も本番!多肉植物はおねんね! そして我が家は恒例のジャングルに。 昨年夏の大型台風で、安全のためバルコニーの自作フレームが撤収を余儀なくされ、今回の冬は室内多めです。もはや人間がいる場所がないです。いつものことですが。 昨年の...
リトープス開花タイムラプス動画(2週間の記録)
というわけでリトープス(Lithops)です! 原産地では、尻だか石だかに擬態して敵から隠れているらしい。 そして今回の主役はリトープス界でも最高レベルの強度を誇る日輪玉(Lithops aucampiae)先生です。 我が家でも、ちょっと...
パキポディウムの腐りとラメリーへの接ぎ木
※いろいろとプライベートのほうが忙しくてなかなかブログが更新できていませんが生きています。サボテンも私も! ・・・ ということで、みんな大好きパキポディウム。コーデックスブームの火付け役。おそらく。 10月の初め。ちょっと早い段階で葉が全部...
サボテンの発芽から1週間のタイムラプス動画
そういえば6月はじめぐらいに袖ヶ浦の花が咲いて、結実して、種ができたので種を蒔いて、発芽しました。 今回はその記録です。 さてさて、台木として超優秀な性質を示す袖ヶ浦ですが、その発生学的な位置づけはいまいちよくわかっておらず、臥竜×花盛丸だ...
IKEAでサボテンのインテリア的なやつを買ってきたぞ!
というわけで、IKEAにサボテンのインテリアが売っているらしいという噂を聞きつけて、ダッシュで行ってきました! ちなみにかつてのサボテングッズ的な記事はこちら。 早速ですが、買ってきたものがこちら! まずはお目当てだった・・・ SJÄLSL...
SOLSO FARM(ソルソファーム)さんに行ってきたぞ!2018夏
というわけで、行ってきました! おしゃれ系植物の聖地ことソルソファーム(SOLSO FARM)さん。 かつての記事はこちら。 ちなみに公式ページはこちら。 SOLSO FARM 巨大ビカクシダ!冬には室内に移動なんでしょうかね。 巨大ノリナ...
ユーフォルビア春駒の胴切り・発根・挿し木とか
というわけでユーフォルビアを挿し木します! かつての似たような記事はこちら 2014年の8月にカクタス広瀬さんから我が家に来た春駒(Euphorbia pseudocactus)です。 で、現在がこれ。 画面中央緑色のやつ。背景の植物と色被...
サボテン開花タイムラプス動画まとめ2018夏
Twitterなどでは投稿していたのですが当ブログでも掲載いたします! 短毛丸(Echinopsis eyriesii)。 ちなみに上の短毛丸は結構前の記事のこの子です。 ちなみに、短毛丸の私の読み方は「たんげまる」です。 象牙丸(Cory...
パキポディウムの開花~受粉~種蒔き~発芽まで
いまを去ること2ヶ月ぐらい前、毎年恒例のパキポディウムの受粉作業をしました。 (ちなみに上の写真、全部実生したものです。) パキポディウムの受粉作業は少々癖があり、一般的なサボテンのように、咲いている花と花をポンポンとくっつければOKという...
激レア映像!Arrojadoa penicillataの開花動画
というわけでアロハドア・ペニキラータ(Arrojadoa penicillata)です! アロハドアだかアロヤドアだかです。 和名は猩々冠柱だそうです。 写真を見ていただいてもわかる通り、非常に珍妙な形をしていて、非常に特徴的な花を咲かせて...
【アリ植物】ミルメコディア・ベッカリーの結実~発芽
ということでミルメコディア・ベッカリー(Myrmecodia beccarii)です。 By Dave Kimble - Own work, CC BY-SA 3.0, Link 見た目はトゲトゲしていて、まるでパキポディウムみたいで、木(...
4年越しの夢がついに叶う!セレニケレウス大輪柱咲く!
夢見ることができれば、それは実現できる。 If you can dream it, you can do it. ウォルト・ディズニー(1901~1966) というわけで! 夢は願えば叶うもの。 今回はそれが叶いました。さすがウォルトさん。...
サボテン開花のタイムラプス動画2018
今年もやってきました! そう、サボテンの開花シーズンです! サボテン趣味家としては、やはり1年で一番ウキウキする時期ですね! そして開花シーズンと言えば、タイムラプス動画です! タイムラプス動画(インターバル撮影動画)とは、ナショナルジオグ...
【ダルマ影絵】雌雄異株?謎のウチワサボテンの正体とは?【ステノペタラ?】
いまを遡ること2017年は1月。山城愛仙園さんで高級な(?)ウチワサボテンを買いました。 どれぐらい高級かというと、下記の写真の株で、黄熱病を研究した偉人が2人ぐらい必要なぐらいです。我が家では高級な部類ですね。 上の写真ではわかりづらいで...
アガベ吉祥冠冬に死す。アガベの耐寒性と耐寒温度一覧
アガベ・吉祥冠。Agave potatorum 'Kissho Kan'。 アガベ・ポタトルム(雷神)の日本発祥の実生選抜苗(園芸品種)らしいです。 なお、ポタトルムと明確にどこら辺が違うのかは、(私には)よくわかりません。WEBによれば雷...
実生ディッキアの植え替えや成長とか
多肉業界の中でもハオルチアの次ぐらいにディープな世界。 そう、それがディッキアの世界。 そのトゲトゲの硬い葉のかっこいい名前の植物達は、多肉界でもトップクラスのオシャレメンバーです(たぶん)。 いろいろと交配も盛んで、赤かったり、白かったり...
謎のサボテンPfeiffera ianthotheleの成長
Pfeiffera属というサボテンの属をご存知でしょうか? Wikicommonsから引用しますと、たとえば下の写真のやつです! By Frank Vincentz - Own work, CC BY-SA 3.0, Link なんともまぁ...
ロフォフォラ銀冠玉・烏羽玉のエキノプシス接ぎ
今を遡ること半年前の2017年10月。 銀冠玉(Lophophora williamsii var. decipiens)と烏羽玉(Lophophora williamsii)をそこらへんにあった花サボテン(エキノプシス的な何か≒ロビビオプ...
植え替えの有無で金鯱の群生株化はどうなった?
今を遡ること17か月ぐらい前の2016年10月ごろ。 そこらへんに100円ぐらいで売っている金鯱も、成長点をカットすれば群生株になるのか?ということをテーマに、実際に実生の金鯱の成長点をカットしてみました。 詳しくはこちら(当時の記事)。 ...
ハオルシア(ハオルチア)をベラボンで植え替えるぞ!
「ハオルシア」なのか「ハオルチア」なのか、夜も眠れないこの頃です。 学名はHaworthiaです。 学名の読み方について手元の書籍を読んでみますと、 tは常に、タ、ティ、トゥ、テェ、トォと発音し、母音の前のtiも常にティと発音し、英、仏、独...
カクタス広瀬さんに行ってきたぞ!2018春
というわけで春になりましたので、いつものカクタス広瀬様のところまで行ってきました! そして、なんと公式WEBページが完成していました! サボテンと多肉植物の事ならカクタス広瀬まで! というわけで、これまでの訪問記はこちら。 てなわけでGO!...
時代は3次元!スマホのアプリでサボテンを立体的に撮影しよう!
サボテンって球体じゃないですか。 でもブログとかに載っける写真って当然二次元じゃないですか。 それって不満だったんですね。 サボテンの良さのすべてが伝わらないというか・・・。 ・・・ てなわけで、なんとか我が家のサボテンを立体的に見せること...
サボテンの植え替え時期について。まずはギムノカリキウムから始まる!
というわけで、やってきました花粉とサボテンの植え替えシーズンです! ということで、今回は植え替えの話題、特に植え替えの時期についての話題です。 ・・・ 「サボテンは植え替えで育てる」という格言(?)があるように、サボテンにとって植え替えはと...
読んでおきたいサボテンの本「サボテン全書」
ついに最強クラスのサボテン本が出ました! 知られざる珍奇植物大国・タイから届いた、驚くべき網羅性を誇るサボテンのバイブル。日本国内の専門店では「タイ語版でも構わない」と原書を求める愛好家が多数。その名著の日本語版が、ついに登場!(本の帯より...
サボテンを胴切りして群生株を作ろう!
というわけで金晃丸(Eriocactus leninghausii)です! エリオカクタスじゃなくて、今はパロジア(Parodia)かもしれません。 金晃丸は、他者に厳しいサボテン界において数少ない優しい刺を持った子です。 写真は昨年2月ご...
竜神木・袖ヶ浦なんて持ってない!金鯱接ぎでサボテンを救え!
今回は竜神木や袖ヶ浦がなくても接ぎ木はできる(意味があるかどうかは置いておいて)!という記事になります。 下の写真はちょうど1年ぐらい前の写真になります。 赤丸の中に、短刺日之出丸(Ferocactus latispinus f.brevi...
世界らん展日本大賞2018に行ってきたぞ!
というわけで行ってきました!世界らん展2018最終日!東京ドームです! 公式ページはこちら:世界らん展日本大賞2018 ちなみに世界らん展とは・・・ 洋蘭、東洋蘭、日本の蘭など世界各地のさまざまなジャンルの蘭を一堂に集めた世界を代表する蘭の...
まるで着生パキポディウム!?ミルメコディア・ベッカリーの成長
ということでミルメコディア・ベッカリー(Myrmecodia beccarii)の成長記録です。 属名のミルメコディアとはギリシャ語の蟻(mymecos)に由来しているそうで、その名の通り現地(マレーシアとかのマングローブの林の上の方のくっ...
かっこいいガガイモ、黒い斑点が現れる謎の奇病にかかって死ぬ!
というわけで、あけましておめでとうございます! もう2月ですが。 年末年始は、風邪をひいたり、家族がインフルエンザにかかったり、植物たちは寝てたりと、いろいろな理由が複雑(?)に重なりまして、ブログの更新ができませんでした。すみませんです。...
復活のバオンベ!巨大アロエの花が咲きそう!
というわけで、我が家のアロエ・バオンベ(Aloe vaombe)です! バオンベは南マダガスカルの大型アロエで、成長すると5mぐらいになる巨大アロエです。 和名は馬恩錦でしょうか。理由はよくわかりませんがアロエの和名には「錦」がよくつきます...
あってよかった竜神木!腐ったサボテンを接ぎ木で救え!
ギムノカリキウム・ペンタカンサ錦(Gymnocalycium buenekeri var.variegata)というとてもかわいいサボテンが我が家にかつてありました。 これです!! 写真は購入直後のものです。 自転車のカゴにいれて持って帰る...
1年ぐらい前に根腐れしたサボテン群生株はどうなった?
突如終わりを告げるもの。 そう、それはサボテン群生株! 群生株の中心付近は風通しも悪いですし、水も溜まりやすいです。 そして且つ腐りに気づきにくいです。 ある日いきなりバタッと病気に倒れることもしばしば。発見が遅れることもしばしば。 そう、...
サボテン・多肉植物ビッグバザール2017冬に行ってきたぞ!
というわけで、久しぶりに行ってきました! 国際多肉植物協会主催の冬の「サボテン・多肉植物ビッグバザール(CACTUS AND SUCCULENT BIG BAZAAR IN TOKYO (AUTUMN) )」! 11月12日(日)午前9時0...
SOLSO FARM(ソルソファーム)さんに行ってきたぞ!2017秋
というわけで先週の金曜日のことなのですが、定例のSOLSO FARM(ソルソファーム)さん訪問です! 公式WEBページはこちら!SOLSO FARM あと昔の記事はこちら。 ちなみになんでこんなにも訪問しているかと言えば、家が近く自転車で行...
すごい仔吹したコリファンタを買ってきたぞ!【巨象丸】
秋晴れの3連休初日、ブラブラと自転車で園芸店やホームセンターでサボテン探しです。 なんとも幸せですね。 そんで、ぶらっとよった普通のお花屋さん。 見つけました!掘り出し物(たぶん)!これです! コリファンタ・アンドレアエ(Coryphant...
サボテン接木!階段状ウチワサボテンへの揚げ接ぎ大作戦!
というわけで、「サボテン接木は経験がすべて!見よう見まねで接木やるぞシリーズ」です。 今回は、ウチワサボテン(大丸盆)に綴化サボテンを大量に接いでみたいと思います。 ちなみにかつてのサボテン接木記事はこちらあたり というわけで、今回の台木は...
一番強いやつはこいつだ!茶色いリトープス最強説!
というわけで尻型多肉でおなじみのリトープス(Lithops)栽培記になります。 ブログのタイトル通り、自分はサボテンの栽培がメインになっていまして、冬型多肉などの栽培は極めて苦手です。何事も経験ですね! というわけで、前回の復習から! 20...
リプサリスの成長記録と挿木や育て方など
園芸店さんなどで天井からフサフサとぶら下がっているジャングルなあいつ。 そう、それがサボテン界のオシャレ部門担当リプサリス! サボテンに見えないけど、サボテンの仲間。 ちなみに、その植物がサボテンかどうかはアレオーレ(刺座)の有無で判断でき...
謎のサボテン「アロハドア・ペニキラータ」の花、遂に咲く!
もうずっと雨ですね。 雨だとサボテンの写真も撮れませんし、ネタもないですし、時期的にはちょっと前の出来事なのですが、今書きます。 前回の記事はこちら 以下、前回の記事の復習(ダイジェスト)からです! 8月の終わり。サボテンの先端に偽花座とい...
カクタス広瀬さんに行ってきたぞ!2017秋
というわけで、実は2週間以上前なのですがまたカクタス広瀬さんにお邪魔させていただきました。そしてブログにするのを完全に忘れていました。 というわけで前回の記事はこちら。 というわけでレッツゴー! 金鯱(Echinocactus gruson...
コーナン港北インター店の多肉植物フェアに行ってきたぞ!
というわけで比較的近所なので行ってきました! 我らがホームセンターコーナン港北インター店の多肉植物フェア! 公式ホームページによれば以下のとおりです! 実施期間:10月7日(土)~10月9日(月) 時間:10:00~17:00 場所:港北イ...
白黒写真をAIでカラー化!色鮮やかに蘇る100年前のサボテン
Nathaniel Lord BrittonさんとJosef Nelson Roseさんという、サボテン業界では知らない人はいないであろう植物学者がいます。 いわゆる「ブリットンとローズ」という方々で、非常に沢山のサボテンの学名の名付け親に...
ディズニーシーの植物たち(一般植物編)
というわけで、前回の記事はこちら。 今回は一般植物編(=多肉植物ではない)です。多肉植物に比べて全く詳しくありませんので、いろいろ間違いがあると思います! それでは早速スタート! シュロでしょうか。 柳でしょうか? でっかいドラセナ的な何か...
ディズニーシーの植物たち(多肉植物編)
というわけで、行ってきました!ディズニーシー! というわけで、そこら辺の植物園にも勝るとも劣らないディズニーリゾートの植物の魅力を掲載です! ちなみに前回の関連記事はこちら。 黄覆輪のベネズエラアガベ(Agave desmettiana)で...
植物に対するワンプッシュ系殺虫剤の影響について
昨今、注目されている殺虫剤として「ワンプッシュで蚊がいなくなる」的なやつがあります。 一日一回ぐらい「プシュ!」とするだけで部屋中の蚊(虫?)が落ちるという脅威の威力を発揮してくれるあれです。 ワンプッシュ系殺虫剤イメージ図 先日も、雨上が...
謎のサボテン!アロヤドア(アロハドア)・ペニキラータ
ということで、今回は我が家のアロヤドア・ペニキラータ(Arrojadoa penicillata)とかいう珍妙なサボテンの成長記録になります!ちなみに和名は猩々冠柱だそうです(和名を私は聞いたことがありませんが・・・。)。 Arrojado...
パキポディウム・ラメリー(Pachypodium lamerei)の成長
ということでパキポディウム・ラメリー(Pachypodium lamerei)です! マダガスカル南部に自生するやつで、パキポディウムの中では縦長で成長スピードが早いことが特徴でしょうか。 その成長スピードの速さと強健さは、よく恵比寿笑い(...
キリンウチワ接ぎの刺無金鯱と綴化について
というわけで今回は、今を遡ること2年ぐらい前に実生した刺無金鯱(echinocactus grusonii var. brevispinus=inermis)の自分のための栽培記録です! 2015年10月。下の写真の右下のが刺無金鯱の実生苗...
【オプンチア】ウチワサボテン実生の注意点【種まき】
今回はウチワサボテン(亜科)の発芽条件が、他の玉サボテンなどと違うというお話。 まずは下の写真。 実生のキリンドロプンチア・イムブリカタ Cylindropuntia imbricata(= Cylindropuntia lloydii)で...
タナベフラワーさんに行ってきたぞ!2017夏
さてさて、夏の暑い日、自転車で30分ぐらいかけて多肉植物を産地直売されているタナベフラワー様(神奈川県川崎市)にお邪魔しました。 タナベフラワー様につきましては、以下の神奈川新聞さんのサイトに詳しくあります。 【産地直売】タナベフラワー 多...
腐りかけのサボテンを接木で救え大作戦!
今回は、サボテンが根本から腐ってきて死にそうなのでなんとか救いたいと思います! これです! ペニオケレウス・マクラツス(Peniocereus maculatus)。前回の投稿と同じくなかなか流通の少ないレアサボテンのペニオケレウスです。実...
【斑入りサボテン】これが伝説の紅斑か!?
今回のお話は、ペニオケレウス・クイクマレンシス(Peniocereus cuixmalensis)というサボテンです。 ※ラテン語でcuixmalensisがどう読むのか難しいところですが、とりあえずクイクマレンシスでいきます。2個目の「ク...
サボテンは水耕栽培のほうが大きく早く育つ説
今回の記事は自分で実験したわけではないのですが、ふと、サボテン関係の論文を流し読みしていたら面白そうなものがあったのでご紹介します。 これです! Studies on Simple Hydroponic Culture in Cultiva...
【サボテン接木】大きい台木は成長速度も早いのか問題
本日は、サボテンの接ぎ木における台木の大きさについての実験(?)です。 接木とは、単純に言えば、成長力の弱い接穂を成長力の強い台木で無理やり育てるものです(個人的解釈が入っていますが…)。 接木イメージ(上が接穂、下が台木) さてさて、台木...
発泡スチロールの箱に1年間密封したサボテンはどうなった?
今を遡ること1年7ヶ月前の2015年の年末。一つの実験をしました。 サボテン(金鯱)は密封された発泡スチロールの中でどれぐらい生きていけるのか? という過酷な実験です。 簡単に言いますと、サボテンを箱に入れて何もしなかったとき、つまり、光な...
ルートンは本当に根が生えるのか?その脅威のパワー!
サボテンが部分的に腐ったりしたり、変に徒長してしまったり、強制仔吹きさせたいときなど、サボテンを切断することがあります。いわゆる胴切りというものです。 胴切り(柱サボテン)イメージ この胴切り、切断面から腐りが入らないように、切断面に殺菌剤...
大輪柱(Selenicereus grandiflorus)、大輪の花が咲く!
というわけで、大輪柱(Selenicereus grandiflorus)が我が家で初めて咲きました! 大輪柱とは、名前の通り大輪の花を夜に咲かせてくれる森林性の紐サボテンの一種です(学名の「grandiflora」は、ラテン語で「大きな花...
ビカクシダを胞子培養するぞ!2年6ヶ月後
長きに渡り胞子から育ててきたビカクシダ(コウモリラン)シリーズですが、 遂に最終章です!たぶん。 いままでの記事はこちら。 ビカクシダの胞子培養をするぞ! ビカクシダを胞子培養するぞ!2週間後 ビカクシダを胞子培養するぞ!4週間後 ビカクシ...
【閲覧注意】サボテンが何者かに食べられた【虫注意】
※虫の写真あり。閲覧注意です。 --- というわけで、我が家の大切なサボテンが何者かに食べられました! 食べられた被害者は、ジグザグサボテンだとか、フィッシュボーンカクタスなどと書かれて売っている、森林性のサボテンの白眉孔雀/有角孔雀(Ep...
サボテンの実を食べよう!【袖ヶ浦】
今を遡ること、おおよそ8ヶ月ぐらい前の昨年10月の出来事。 三角袖(Harrisia sp.)が花を咲かせました。 夜咲の大きなきれいな花ですね。 というわけで受粉作業をしました。 三角袖は袖ヶ浦と違い、自家結実するそうです(Twitter...
初めてのアガベ実生2年後
コメント欄にて、アガベ実生(2015年実生もの)の成長の続きを見たいというコメントをいただきましたので、今回は成長記録としての写真などを。 ちなみに前回の記事はこちら。 ジプソフィラ(Agave gypsophila) 2016年1月(20...
胴切りしたサボテンを乾かす必要はあるのか問題
サボテンを胴切りすると、まず断面を(できれば)殺菌してよく乾かせと言われます。 生理学的になぜそうするのかは個人的によくわかりませんが、先人がそのようにしてきたのですから、統計的に一番成功しやすいということでしょうか。 というわけで、今回は...
パキポディウムの接木をするぞ!【ゲアイー接ぎ】
先日(と言うか結構前ですが)、「パキポディウムでも植え替えするかな~」って思って、春からバルコニーに出しっぱなしの実生グラキリス(Pachypodium gracilis)を観察してたんですね。 そしたらなんだか一つのグラキリスに黒い穴が開...
サボテン開花のタイムラプス動画の追加
前回の記事はこちら 今回は新たなタイムラプス動画になります。ぶっちゃけ今回はそれだけです!   30秒に1枚で約10000枚です(約3日から4日ぐらい)。 被写体の皆さんは以下の通りです。 短毛丸(Echinopsis eyriesii) ...
謎のサボテン!ペニオケレウス・グレッギー
というわけで、よくわからないサボテンを植え替えました。 ペニオケレウス・グレッギー(Peniocereus greggii)です。 和名は大和魂、またの名をアリゾナの夜の女王 ’Arizona Queen of the Night’。学名の...
サボテン開花のタイムラプス動画を撮ろう!
タイムラプス動画と言うものがあります。Wikipediaによれば低速度撮影した静止画をつないで、動画に見せるものを指すようです。 ちょっと前までいろいろなところで流行していたらしいのですが、今回はそれを作って見たいと思います! 題材はサボテ...
金鯱は群生株になるのか問題
金鯱(Echinocactus grusonii)は皆様ご存じかと思います。 サボテンの王様といわれるぐらい有名な種類ですね。私も大好きなサボテンです。 そういえば、私が初めて実生したサボテンも金鯱でした。 下の写真は我が家のもの(これは私...
【サボテン接木】金鯱の台木としての可能性
というわけで昨年の秋頃に金鯱(Echinocactus grusonii)とか謎のセレニケレウスとかに、エキノケレウス・桃太郎(Echinocereus pentalophus cv.momotarou)を接ぎました。 その時の記事はこちら...
水を吸わなかったシワシワのサボテン、遂に水を吸う
まずは前回の記事をご覧ください。 要約しますと、植え替えてから2ヶ月以上経つのにシワシワの緊急事態。 写真はこれです。海王丸(Gymnocalycium denudatum var. paraguayensis) 前回の記事では、twitt...
植え替えたサボテンが水を吸わない問題と原因の追求!
悲報! 何が原因なのかわかりませんが、今年の植え替えで植え替えたサボテンが軒並み水をすいません。 どうしよう。困りました。 たとえばこれ。2月の植え替えの時の写真。 海王丸(Gymnocalycium denudatum var. para...
サボテン栽培における培養土と肥料についての実験の途中経過
というわけで、昨年の9月に実生の金鯱(Echinocactus grusonii)を植え替えたのですが、その際に、土にいろいろな肥料などを加えて、どのぐらい差が出るのかを実験しました。 その肥料の内容は下記のとおりです。 標準培養土 標準培...
神代植物公園「サボテンと多肉植物展」に行ってきたぞ!2017春
ということで国際多肉植物協会 (通称I.S.I.J.)様主催の「サボテンと多肉植物展」に先週の日曜日に行ってきました! 場所は神代植物園(公式ページはこちら:神代植物公園|公園へ行こう!)というところです。京王線は調布駅から徒歩50分ぐらい...
紐サボテンの培養土と吊り鉢仕立てについて
サボテンの「形」は、だいたい6つぐらいに分けられるような気がします。 ※ちなみにここで言う分類とは、分類学的な亜科などの話ではなく、サボテンの純粋な形に対してのごくごく個人的な意見になります。 1つめが金鯱(Echinocactus gru...
SOLSO FARM(ソルソファーム)さんに行ってきたぞ!2017春
というわけで、今年も長い冬が過ぎて春です。 春といえばSOLSO FARM(ソルソファーム)さんのリニューアルオープンです! 2017年は4月1日よりオープンとのことで、早速晴れた2日に行ってきました。 ソルソファームさんといえば私が今植物...
Myrmecodia ミルメコディアの育て方と板付
というわけで、先日ミルメコディア・ベッカリー(Myrmecodia beccarii)を入手しました。 これです!初めてのアリ植物です! ちなみに入手した時の記事はこちら。 ミルメコディアはオーストラリアやタイやマレーシアのマングローブとか...
ハオルチアやエケベリアの接木は可能か
※本記事は、植物ド素人の管理人がWEBで調べた情報をまとめたものですので、完全に正確かどうかはわかりません。いつものとおり、その点はご了承下さい。 サボテンの接ぎ木ってよく見ますね。 例えばこんなの。 Gymnocalycium mihan...
シンニンギア・断崖の女王の成長(実生から2年と10ヶ月)
というわけで、おおよそ2年10ヶ月ぐらい前(2014年6月)に実生した断崖の女王(Sinningia leucotricha)の成長記録です。 かつての記事はこちら。 昔の記事を見返しますと、随分と過保護な育て方ですね。 実生ものは、シーズ...
カクタス広瀬さんに行ってきたぞ!2017春
というわけで、気温も暖かくなってきたことですし、カクタス広瀬様のところまで行ってきました! かつてのカクタス広瀬さん訪問記は下記の通り。 ※本ブログを情報元としたカクタス広瀬様へのお問い合わせはご遠慮ください。 以下、素晴らしき春の風景。 ...
コーナン港北インター店のガーデン館に行ってきたぞ!
神奈川県はホームセンターコーナン港北インター店が今年リニューアルされて、「ガーデン館(Gardens)」なるものが新たに建てられたということで行ってきました! 本当は「行ってきた」というよりかは、たまたま近くを通ったら大きな温室があったので...
読んでおきたいサボテンの本「サボテン接木入門」
前回、前々回の記事に続いて、今回も読んでおきたいサボテン関連の本シリーズです! ちなみに前回の記事はこちら。 ちなみに前々回の記事はこちら。 今回も、前回の「図解サボテン作り」と同じく栽培指南書になります。かなり特殊ですが。 最新サボテン接...
読んでおきたいサボテンの本「図解サボテン作り」
前回の記事に続いて、今回も読んでおきたいサボテン関連の本シリーズです! ちなみに前回の記事はこちら。 今回は、前回の写真集と違って栽培指南書になります。 図解サボテン作り by 東京カクタスクラブ これです!図解サボテン作り! 1981年発...
読んでおきたいサボテンの本「The New Cactus Lexicon」
というわけで、今回は私が個人的におすすめするサボテン関係の書籍のご紹介です! The New Cactus Lexicon: Illustrations by Hunt (Editor) これです!なんと洋書です! ザ・ニュー・カクタス・レ...
ディッキアの耐寒性と越冬について
2年とちょっと前、ディッキアを実生しました。Dyckia 'Gray Ops'です。 Dyckia marnier-lapostollei var. estevesiiとなんかの掛け合わせらしいですが、詳細は不明です。マルニエルさんがお母さ...
サボテンの接木の効果とか
接木というのは、「成長を早くするため」に行うというイメージがありますが、成長速度以外にもいろいろな変化があったりします。 例えば、花がつきやすくなったりとか、刺が強くなったりとか。 台木によって穂木がいろいろな性質に変化するんですね。 たと...
サボテン群生株の根腐れ問題と挿し木
サボテンの群生株は本当美しいですね! ただ、群生株っていきなり腐ったりするんですね。これが。 群生株は、中心部は風通しは悪いし、複雑な構造部に水なんかも溜まっちゃったりして、しかも異変に気づきにくい。 とうわけで、今回そんな腐りが発覚した群...
巨大ビカクシダの成長
当ブログは「スーパーサボテンタイム」なのですが、ビカクシダも好きです! というわけで、2年弱前に、植物園によくあるようなビカクシダの巨大な玉に憧れて同じようなものを作ろうとしました。当時の記事は以下です。 今回の記事は、それの成長具合のご報...
ホーディア・ユッタエ(Hoodia juttae)の成長
というわけでホーディア・ユッタエです! 英語読みだとフーディア・ジュッタエですかね! いわゆるガガイモの仲間ですね。 我が家にはユッタエという種しかないのですが、この属で一番有名なのはゴルドニー(和名:麗盃閣 Hoodia gordonii...
寒さに強い多肉植物と寒さに弱い多肉植物
今年も佳境に入ってきた寒い冬。 サボテン・多肉植物の趣味家に限らず、植物栽培家全員が何かと気を使う季節です。 というわけで、今回のテーマは「我が家の最低気温-4℃ぐらいまで下がる雨ざらし露地バルコニーで生き残る寒さに強い多肉植物(主に100...
サボテンフレーム内は今が一番元気?
このところ、朝とても寒いですね!布団から出られません! というわけで、「サボテンも冬は冬眠するので水はあげなくていいよ!」などと言われることも多いわけですが、我が家の簡易フレーム(加温あり)では、この時期がもっともサボテンの調子が良さそうに...
実生のパキポディウム、断水で死ぬ寸前!
やってしまった! パキポディウムといえば代表的な夏型塊根植物で、寒さに弱いため冬季は断水しておくというイメージがありますが、幼苗についてはそれは当てはまらないようです(パキポに限らず、サボテンなども皆そうなのですが…)。 というわけで、そん...
ユーフォルビア・バリダ(Euphorbia valida)が好き
ユーフォルビアの中で何が一番好きですか?と聞かれたら「オベサ(Euphorbia obesa)です」と答えています。綺麗なつるつるの宝石感は半端ないですね。 では2番目に好きなのは?と聞かれたら「ホリダ(Euphorbia horrida)...
山城愛仙園新年展示即売会2017に行ってきたぞ!
というわけで、今年も神奈川から遠路はるばる行ってきました山城愛仙園様の新年展示即売会です! 愛仙園さんの公式ページはこちら。 サボテンと多肉植物・有限会社山城愛仙園 そんで去年の記事はこちら。 ※なお、写真撮影の許可は頂いておりますが、本ブ...
謎のサボテン・フォルモーサの成長記録
というわけで、冬になりましてサボテンも一部を除いてあまり動きもなく、面白いことが日々起こることも特になく、ブログで記事になるようなことがありません(園芸ブログで毎日更新されている方って本当にすごいと思います!)。 というわけで困った時のサボ...
ビカクシダを胞子培養するぞ!2年後
ちょうど2年前に見よう見まねでコウモリラン(ビカクシダ)の胞子を蒔いたのですが、いろいろな事件があったものの、いくつかは現在も奇跡的になんとか育っています! ということで、今回の記事も主に自分用の成長日記です。 ちなみに過去の記事は以下の通...
実生のパキポディウム冬眠へ
というわけで、巷で大人気の夏型塊根植物のパキポディウムが眠る季節になってきました。 過去の関連記事はこちら 我が家の基準では最低気温が10度を下回る直前に室内行きですかね。11月入る辺りから徐々に潅水量を減らしていき、休眠を促します。そんで...
太平丸をクエン酸処理して実生するぞ!
というわけでサボテン界屈指の発芽率の低さを誇る太平丸系エキノカクタス(Echinocactus horizonthalonius)。 実は昨年だか一昨年だかにも、種を蒔いたことがあったのですが、20粒中1粒だけ発芽して、しかも数日後に消える...
ブヨブヨになった桃太郎(サボテン)を救え!
というわけで桃太郎です。 昨今の多肉植物ブームにおいて、桃太郎といえばリンゼアナ(Echeveria lindsayana)×チワワエンシス(Echeveria chihuahuaensis)のエケベリアを思い出すのかもしれませんが、違いま...
最強のアストロフィツム・ルリ兜を手に入れたぞ!
お知らせ:スーパーサボテンタイムは移転完了いたしました。ちなみに今読んでいただいているこのサイトは新サイトです。お気に入りなどはにご変更お願いいたします。 というわけで、多肉植物・特別な鉢の販売 | トーキー | TOKY様のところに、スペ...
スーパーサボテンタイム移転のお知らせ
今まで使用していましたブログサービスの設定を素人(私)がいじった結果、致命的なミスを犯し、正常な状態に戻らなくなってしまいましたので、思い切って心機一転サイトを移転しました(今、読まれているこの記事は新サイトの記事です)。 お手数ではござい...
謎のサボテンの種を蒔いたぞ!22ヶ月後
というわけで、過去の記事はこちら。 謎のサボテンの種を蒔いたぞ!|スーパーサボテンタイム 謎のサボテンの種を蒔いたぞ!3週間後|スーパーサボテンタイム 謎のサボテンの種を蒔いたぞ!5ヶ月後|スーパーサボテンタイム 謎のサボテンの種を蒔いたぞ...
マッソニア実生、2回目の秋
前回の記事はこちら どうしていいかわからないマッソニア実生|スーパーサボテンタイム 冬の多肉植物専門店や即売会に必ず(?)置いてある大きな葉っぱが二枚開いたやつ。 そう、それが謎の植物マッソニア。 これです。 Massonia pustul...
サボテン接ぎ木入門(杢キリン編)
というわけで、初めての「見よう見まね接ぎ木シリーズ」です。 過去の接ぎ木関係の記事はこちら。 サボテン接ぎ木入門(キリン団扇編)|スーパーサボテンタイム サボテン接ぎ木入門(竜神木編)|スーパーサボテンタイム サボテン接ぎ木入門(団扇サボテ...
サボテンとアカダニ被害と対策(動画あり)
コリファンタ属といえばアカダニ被害! アカダニ被害といえばコリファンタ属! ということで身体が赤錆っぽくなることででおなじみのアカダニ被害です! 赤錆被害ってのは以下の様なやつですね。いわゆるサビっぽくなってしまうことです。 こうなったらこ...
我が家の吊り鉢たち【リプサリス、エピフィルムなど】
というわけで、我が家の吊られた植物たちの紹介です! 白眉孔雀/有角孔雀(Epiphyllum anguliger)。ホームセンター(叩き売り)出身。 室内栽培のためか異常に葉(?)が長くなり、気根がわっさわっさです。 ちなみに外で栽培してい...
サボテン接ぎ木入門(団扇サボテン編)
というわけで、初めての団扇サボテンへの接ぎ木なのです! というわけで、参考にした動画はこちらです! まずは服を脱ぐのがマナーのようですね! さて、ウチワ接ぎに関して、手元の書籍やWEBからの情報によれば、 銀世界(Opuntia leuco...
ユーフォルビアの接木、全部死ぬ!
関連記事はこちら ユーフォルビアの接ぎ木のやり方 | スーパーサボテンタイム ユーフォルビアの接木をするぜ!の巻 | スーパーサボテンタイム ユーフォルビアの胴切り・挿し木のやり方 | スーパーサボテンタイム というわけで、先日ホームセンタ...
雨風、灼熱、台風に負けない美しき多肉植物たち
サボテン・多肉植物愛好家に必ずついてまわる、「もう植物を置く場所がないよ問題」。 というわけで、我が家にも場所的問題から、悪条件下(雨ざらし、遮光なし)に追いやられた強く美しい植物たちが結構いますので、少しご紹介。 ファンファーレ(Grap...
サボテンの培養土と肥料についての実験2016
というわけで毎年恒例の金鯱実生実験シリーズです。 過去の関連記事っぽいのはこちら 培養土の違いによって冬季のサボテン栽培に差が出る | スーパーサボテンタイム 多肉植物用の土と観葉植物用の土の成長の違い | スーパーサボテンタイム そんで金...
台風で部屋に避難した巨人アロエ、何故か死ぬ!
というわけで大きなアロエのお話。 スザンナエ(Aloe suzannae)とヘラナエ(Aloe helenae)と並ぶマダガスカル巨人アロエの一つとされるバオンベ(Aloe vaombe)。 ちなみに和名は「馬恩錦」・「瓔珞錦」らしいのです...
サボテンの植え替えで根を切る必要はあるか?の結果
そういえば去年の秋の植え替えの時に、サボテンの根を切るべきか切らざるべきかという悩みについて、実験をしました。 詳しくははこちら。 サボテンの根を切る問題・肥料問題・微塵問題 | スーパーサボテンタイム そんで今回はその結果です。 これは1...
ソルソファームさんに行ってきたぞ!2016夏
※当ブログを情報源にしたソルソファーム様への商品等についてのお問い合わせはご遠慮ください。 というわけで前回の訪問記事はこちら。 それより前の記事は「○○に行ってきたぞ!」タグよりご参照ください。 ソルソファームさんに行ってきたぞ!2015...
ユーフォルビアの接木をするぜ!の巻
恐れていては何もできない。 そう、挑戦あるのみなのですね。 というわけでユーフォルビアを接ぎ木したいと思います。 いつもの通り見よう見まねで。 ホームセンターなどではたまに「マハラジャ」とかいう名称でキリン角(Euphorbia nerii...
森林性サボテン(Wittia amazonica)の接ぎ木
そういえばWittia amazonica(現在はDisocactus amazonicusらしいです)という森林性の昆布型サボテンの種を昨年蒔きました。ちなみに和名は小輪孔雀というらしいですが、聞いたことはありません。 サボテンでは珍しい...
関東カクタス専門家連盟主催「サボテンと多肉植物の即売会」に行ってきたぞ!
というわけで、関東カクタス専門家連盟主催の即売会ということでスーパーサボテンタイムとしては行かない訳にはいかないわけで、行ってきました。 イベント名は関東カクタス専門家連盟青年部主催 IN TOC 2016 「サボテンと多肉植物の即売会」で...
マグアンプKの脅威のパワー!
今を遡ること10ヶ月ぐらい前、肥料を入れた奴と入れないやつで成長を比較しようという実験をしました。 そして、そんな実験のことをたった今思い出しましたので、結果を見てみましょう。 ※本記事は、肥料の優劣を決定するものではありません。適材適所適...
ビカクシダ(コウモリラン)成長記
というわけで、定例成長記です! 過去の関連記事はこちら。 巨大コウモリラン(ビカクシダ)の玉を作るぞ! | スーパーサボテンタイム 吊るしたコウモリラン達の成長とか | スーパーサボテンタイム 昨年5月の写真がこちら。 昨年10月の写真がこ...
育苗コンテナとか室内用の大型トレーとかの話
前回の記事はこちら。 今回は鉢周辺の物品についてです。 鉢を入れるためのトレー(システムトレー)ですが、主に使用しているものは下記写真の24穴のものです。 鉢を入れる用途以外にも、逆さまにして鉢底の風通し改善とかに使ったり何かと便利。 いろ...
サボテンの鉢について
先日、「鉢とかトレイとかどういうの使っていますか?」というコメントを頂きましたので、そのようなお話を。 ※何度も書いておりますが、私もサボテン初心者ですので、「もっと良いものがあるYO!」とか「こっちのほうがおすすめ!」とかございましたら、...
パキポディウム実生報告(1年生と2年生)
過去の記事はこちら。 パキポディウム実生1年 | スーパーサボテンタイム パキポディウムはとても好きです。 春夏秋は雨ざらしで外出しっぱなし(酷暑のみ少し遮光)。 冬は完全断水。 実に育て方も簡単です。 以下実生2年のパキポディウムのグラキ...
柱サボテン・団扇サボテンの増やし方
今回の主役はスミエボシ(墨烏帽子) (Opuntia rubescens)です。 たまに花屋さんで見かけたりするけど、サボテン専門店ではあまり見ることがないおもしろい子。 全くサボテンに興味が無い人から見ると、「これは造花か?」と思えるよう...