ビカクシダを胞子培養するぞ!48週間後


前回の記事はこちら

それより前の記事はビカクシダ関連ラベルから辿っていただけると幸いです。
 
 
 
 
というわけで簡単に前回までのあらすじを言いますと・・・
 
 
 
 
 
ビカクシダが生えてきたと思ったら、謎の草-たぶん水苔-が生えてきたの巻(怒)!
 

 
 
 
 
 
ということでした。
 
というわけで、私はそれ以降は失意のどん底に落ち、ブログを更新することができませんでした。
 
 
しかしながらこれでは全国の胞子マニアの皆さんに申し訳がた・・・(以下略
 
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
 
 
というわけで前置きが長くなりましたが、ビカクシダ胞子培養から1年が経過しました!
 
長らく謎のベールに包まれていた、そして放置されていた彼らはどうなっているのでしょうか!?
 
 
 
 
まずはプリンカップに入れた面々。
植え込み材はいろいろ。
 

写真が多いのでコメントは一言です。
めんどくさいので写真撮影では蓋も開けていません。


アンディヌム+ピートモス=謎の病気かなにかで死亡。

 アンディヌム+水苔=水苔復活で死亡。

MIX+バーミキュライト=前葉体のまま。

クアドリ+水苔=前葉体のまま。

なにか。水苔復活で死亡。

なにか。水苔復活で死亡。

なにか。水苔復活で死亡。

なにか。前葉体のまま。

なにか。水苔復活で死亡。もはや芸術。

なにか。前葉体のまま。

なにか。前葉体のまま。

なにか。前葉体のまま。

なにか。前葉体のまま。




というわけで基本的に全滅です!!!
いまだに前葉体のものはもうだめでしょう。残念ですが破棄します!!!!










次はオモチャボックスです。
植え込み材はピートバンです。



おおおお!生えてますね!
水苔ではありませんね!たぶん。

 

 

リドレイです。一部右下がかけていますが、そこにあったものは夏に鉢上げしました。

鉢上げ(ピートモスと水苔)したものはこちら。なかなかいい感じです。
本当にリドレイなのかどうかはわかりませんが。

クアドリディコトマムです。

ホルタミーです。

アンディヌムです。




最後はビニールに突っ込んだやつです。
植え込み材はいろいろ。数ヶ月に1回ぐらい霧吹いて密封していました。


はい水苔大量!綺麗ですね!いらないですけど。

ピートバン。一部生えているかな。

ジフィーセブン。生えてますね。


というわけで、水苔まみれのものは破棄します。

というわけで悲喜こもごもですが、いろいろなパターンやっておいてよかったかなという感じです。
 
さて、私の知っているビカクシダになるのは一体何年後なのでしょうか!




読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする