サボテン紹介関連 実生関連

真夏のちょっとワイルドなサボテン実生

サボテン紹介関連
スポンサーリンク
というわけで、サボテン実生といえば、種を消毒して無肥料の土を用意してそれを消毒して殺菌剤かけてガラスで蓋をして・・・etc、というようになんとなく気難しいイメージがあります。たぶん。



用意しますは、市販のサボテン・多肉植物の土と適当な鉢。

 

適当に入れます。

 

赤玉土の細粒。

 

2mmぐらい入れて覆土します。
その後、微塵を抜くつもりで優しく水をタップリかけます。

主役の短毛丸(薄ピンク)×花盛丸(薄ピンク)。結実までの流れは「1年半前に成長点が死にかけた短毛丸はどうなった? | スーパーサボテンタイム」をご参照のこと。

1年半前に成長点が死にかけた短毛丸はどうなった?
前回の記事がこちら「短毛丸死す!?黒腐れ病?すす病? | スーパーサボテンタイム」 下の写真が2014年1月の写真です。 潰すと血まみれになる謎の奇虫(以下:流血虫)に成長点が食われました。 当時に拡大図です。無残...

 

 

こんぐらいパカっといけば熟しているんではないですかね。たぶん。

 

ドラゴンフルーツの仲間ということがよくわかりますね。今思えば食べて味を調べとけばよかったです。

 

たぶん。黒い種のまわりの果肉はおそらく発芽に邪魔なので、がんばって出来る限り取り除きます。なんとなくキッチンペーパーで優しくこすってみました。

 

キッチンペーパー作戦が思いの外うまくいかなかったので、フルイにいれて水かけながらワシャワシャ。たぶん一番いいのはガーゼとかだとおもいます。

 

先の土の上に適当にパラパラと種を降らせます。
写真が暗いのは日が暮れてきたからです。
100均のザルに入れて腰水です。

 

寒冷紗をかけてクリップで止めます。
そんで、ベランダの半日陰的なところに置きます。

 

そんで3日後。

 

お~生えてます!
連日の猛暑で最高気温35℃ぐらいでしょうか。ベランダ(温室ではない)+腰水+寒冷紗+半日陰環境の温度はよくわかりませんが、ちょうどいい気がします。

サボテンの種まき

 

問題は、カキ仔もいっぱいあるのにもかかわらず、この短毛丸×花盛丸を今後育ててどうするかということですかね。

プシス台木とかですかねぇ。花盛丸の血が入っているので強健だともいますし。

というわけで夏の暑さに負けずに頑張って欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました