フェロカクタス:王冠竜の育て方

     
  和名 王冠竜(おうかんりゅう)
  学名 Ferocactus glaucescens
  入手場所 某K園
  入手時期 2013年06月
  入手価格 100円~200円ぐらい
  備考 英国王立園芸協会のガーデン・メリット賞を受賞したこともある紳士のサボテンです(このガーデン・メリット賞なるものが何なのかは私にはよくわかりませんが・・・)。

強健で育てやすく、フェロカクタスの中でもトップクラスの普及種です。ですが、その普及のイメージとは違い、成長はそこまで早くはないようです。幼苗の時は、不規則な稜ですが、成長すると揃ってくるらしいです。いわゆる普通のサボテンの育て方で良いかと思います。

棘なし種(刺無王冠竜:Ferocactus glaucescens f. nuda)もかなり普及しています。

■2013年06月

サボテンを初めた時期に購入した初期メンの一人。肌の色もいいし、刺もいいし、「かっこいいなぁ!」と思いました。当時。今も思いますけど。

王冠竜特有の青磁色がかっこいいです。こんな美しいものが地面から生えているなんて、なんて神秘的なのでしょう。


■2013年09月 

 
新たに加わった仲間。ダイソー出身の刺無王冠竜。

刺ありの雄々しさに対し、こちらはとてもかわいい。ちょこっと出ている刺は、成長とともに落ちます。

 
 

 

■2014年12月 

 
棘あり、棘なし共に春に植え替えております(たぶん)。

一番上の写真から1年半後。少しは大きくなりました。もっとうまく育てれば、もっと大きくなるものなのか、それともこれぐらいのなのか、王冠竜に限らずですがよくわかりません。個人的には、無事でさえいてくれればそれでいいのですけどね。
 
かわいいですなぁ。棘なし者は。植え替えも楽で素晴らしい。
 
 
花が咲くまで枯らさないようにしたいです!来年も頑張れ!
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする