鬼面角を挿し木するぞ!

神奈川県某園で購入しました切断済みの鬼面角先生。
 
今回はこちらをなんとなく2つに切って挿し木したいと思います!
 
用意しますは、包丁と筆とベンレート(殺菌剤)です!

お命頂戴!



スパッ!



・・・っと思いきや包丁では全然切れないです
のこぎり的なギザギザがないとかなり厳しいです。

かろうじてなんとか切断したところ。

切断面にはベンレート粉末を筆で塗っています。切断面からの腐敗を防ぐ目的ですが、意味があるのかどうかはよくわかりません(個人的には気分的なものです)。
この時点でルートンとか混ぜたら発根も促進されて良いのかもしれません(たぶん)。

こんな感じ。
 
切ったものは空鉢に新聞紙を丸めて挿しておくだけ。もちろん挿芽用の土に置いておいても良し。

こんな感じですかね。置き場所については、いろんな説があるかと思いますが、我が家では室内の風通し(サーキュレータ24時間回し)のよい窓際です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約1か月後・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
ハイ!根が出ました(切断下部)。
 
※切断面が何故か土まみれですが、これは「空鉢に挿して、2週間ぐらいで根が出るのを待ちきれなくて、なんとなく培養土に植えてみて水をあげてみたものの、運ぶ途中にぶっ倒して、結局のところやっぱり空鉢に戻した」という謎の行動によるものです。
 

いい感じ。

 
 根が出たら、根を傷つけないよう最新の注意をはらいつつ、培養土に植えて水をすぐあげます(私は)。倒れないように支柱も立てました。

なんとなく上部のアレオーレから仔が出そうですね!なんとなく。


というわけで、やはり大きなサボテンにはロマンがありますね!頑張れ鬼面角!
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする