エキノケレウス桃太郎の開花タイムラプス動画

というわけで桃太郎です。

多肉植物で桃太郎といえば、おしゃれエケベリアさんの桃太郎(チワワリンゼ?)を思い出しますが、今回は我らがエキノケレウスのほうです!

エキノケレウス桃太郎
Echinocereus pentalophus cv.momotarou

「201905」の写真 - Google フォト

エキノはハリネズミ、ケレウスは蝋燭だそうです。蝦サボテンです!

ちなみになぜエビなのかは私によくわかりません。

かつての桃太郎関連の記事はこちら。

ブヨブヨになった桃太郎(サボテン)を救え!
ブヨブヨになった桃太郎(サボテン)を救え!
というわけで桃太郎です。 昨今の多肉植物ブームにおいて、桃太郎といえばリンゼアナ(Echeveria lindsayana)×チワワエンシス(Echeveria chihuahuaensis)のエケベリアを思い出すのかもしれませんが、...

↑の記事で、今回の記事の冒頭と全く同じこと書いてますね。。。。書き直さないですが。

金鯱の台木としての可能性
金鯱の台木としての可能性
というわけで昨年の秋頃に金鯱(Echinocactus grusonii)とか謎のセレニケレウスとかに、エキノケレウス・桃太郎(Echinocereus pentalophus cv.momotarou)を接ぎました。 その時の記事は...

さて、この桃太郎、根が実に弱い(少ない)のでよく接ぎ木によって育てられたりしています。

これが金鯱(Echinocactus grusonii)接ぎ
金鯱の部分が小さくなって永久台木な感じに。とても良い感じ。成長も他の台木より良いです(我が家では)。接いでから初めて開花。

「201905」の写真 - Google フォト

台木はこんなかんじ。

「201905」の写真 - Google フォト

やはり金鯱接ぎは結構な可能性を秘めているような気がします。

こちらがそこら辺にあったセレニケレウス接ぎ。これも良い感じですね。接いでから初めて開花。

「201905」の写真 - Google フォト

そんで、こちらが紅花団扇(Opuntia bergeriana)接ぎ。こちらも接いでから初めて開花。

「201905」の写真 - Google フォト

タイムラプス!

やはり緑色の雄しべがいいですなぁ。エキノケレウス。

あと一つわかったことは、室内の光だと開花はするけど、花びらが完全には開ききらないってことですかね。動画では上から撮影しているので分かりづらいですが。

というわけでまた来年も綺麗な花を咲かせてほしいです!

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする