テフロカクツス鬼武者、灼熱のバルコニーに死す

※本記事は刺激的な画像を含みます。
 
 
 
3年ぐらい前に購入したテフロカクツス。
 
当時のラベルには「アレオラレオラータ」と書いてありました。
 
たぶんですがTephrocactus alboareolatus(アルボアレオラーツス)和名:鬼武者だと思われます。
 
スーパーサボテンタイム初期メンバー(私がサボテンを趣味として始めてから1年目以内に購入した鉢)のうちの一人でした。
 
 
こちらが5月の様子です。新節が出てきていい感じでした。
 
 
 
 
 
そんで6月の先日。
 
 
 
 
先日何気なしに眺めていると、手前の新節がなんと黒いじゃないですか。

触るとポロツと取れました。完全にレーズンです。

というか、その土台となっている大きな節も取れました。

Oh my …
 
 
私はこの時思いました。
 
 
まぁテフロカクツスの節はよくとれるものだし、そういうこともあるだろう!TABUN!!
 
 
 
 
そんでそのまま放置して次の日。
 
 
 
 
もうひとつ黒くなっていました。

しかもほかもデンジャラスなブヨグロさ!1日でここまでとは!

これはやばいと思い、手に突き刺さる芒刺に気づかないふりしていろいろ切断です!
新芽だけでも生かさないと!

ああ! 黒い!
なんとか胴切りしてみますが、かなり厳しい感じです。

根腐れかとおもい、根を引っこ抜いてみましたが、なんとなく根は問題ない感じでした。

一番下の節を切断。うわああぁああああああああぁぁああぁぁああ! ぶよってる!

その上。うわああぁああああああああぁぁああぁぁああ!
 
 
 
というわけで、永眠されました。



下の写真は購入した時の写真です。
2年間ぐらいほぼ動かなくて、今年やっとあたらしい節を出したのになぁ。。。。。
 


根が大丈夫だったということは、やはりこの頃の湿度と暑さでしょうか。

私にサボテンの魅力を教えてくれた初期メンバー。
本当ヘコみますね。そして自分の未熟さを痛感します。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ありがとう鬼武者。
この手の芒刺の痛み、忘れません。


今日の教訓:
テフロカクツスは高山性で、蒸し暑さには弱いと何度も言ったはずだ!!やばいと思ったらその瞬間に抜け!!!

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする