サボテン紹介関連 開花関連

ギムノカリキウムの蕾マニアックス

サボテン紹介関連
スポンサーリンク
ギムノカリキウムの蕾が人工の作り物みたいでかっこいい!

なんか蝋細工みたいな!



というわけでギムノ蕾特集なのです!




翠晃冠(Gymnocalycium anisitsii)。蕾のベストショット。
まさに求める美しきギムノ蕾。

 

同じく翠晃冠。蕾鑑賞としては、ちょ~っと開き過ぎでしょうか。
蕾の一枚一枚のガク(?)の部分の外周が白っぽいのが神々しいです。

 

竜頭(Gymnocalycium quehlianum)。こちらもベストタイミング。
たった一つにして最大の問題はピントが蕾に合っていないということ!

 

緋花玉(Gymnocalycium baldianum)。ちょっとタイミング遅かったです。
開き過ぎですね。茎の部分が鱗のようで美しい。たしか100円ショップ出身。

 

多花玉(Gymnocalycium multiflorum)。
多花玉のくせに、家では一個しか花が咲いたことないです。

 

天賜玉(Gymnocalycium pflanzii)。椿の蕾っぽい。
本記事の趣旨とは関係無いですが、天賜玉のマットグリーンな肌、とても好きです。

 

ホリデスピナム(Gymnocalycium horridispinum)。和名は恐竜丸。
これもちょっと開き過ぎでしょうか。

 

ちなみに、ホリデスピナムの花はギムノの中でもかなり好きな花です。
名前の通りの凶悪な見た目の身体と美しすぎる花。すばらしい。

Gymnocalycium

今日の教訓:
bud(蕾)はbad(悪い)じゃないっすね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました