ビカクシダを胞子培養するぞ!16週間後

 
というわけでコウモリラン胞子培養定期報告です。もはや記事として面白い部分は全く無いわけですが、自分に対する記録と、今後ビカクの胞子培養を始めようとしている方々への情報のために!
 
ということでスタート!
 
リドレイ順調。

初期ハイポネックス入りも、変わらず順調。

6週間前はまったく生えていなかったリドレイピートモスが何故か爆速で発芽。何かがトリガーになったと思うのですが完全に謎。

クアドリ順調。

ハイポネックスがどうのこうのよりも、置いてある場所と水分量が需要だと思いますね。

素晴らしく順調。

これもかなり生えてきました。3ヶ月過ぎて発芽するものもあるのね。

こちらも順調。

リドレイと同じくずっと生えてこなかったアンディヌムピートモスにほ~~~んの少し緑が!発芽トリガーがまったくわかりませんねぇ。室内温室で人工照明だし。

ホルタミーも順調。

よい。

よい。

バーミキュライトはあんまり変わらず。

同上。

すばらしい1。

すばらしい2。

すばらしい3。

すばらしい4。

ここにきて、ピートモスが本領発揮か。

芝のよう。

オモチャボックスのピートモス、これはすごく伸びた。

上記左上の拡大図。真ん中に驚異的な成長を遂げたビカクシダか!?と思いましたが、おそらくゼニゴケ系のなにか。ピンセットで削除へ。

こちらもなかなかいい感じに育っていると思います。バーミキュライトがあまり成績が良くないのは、その保湿性、排水性が私の水分調整環境に合っていないからだと思います。

やはりバーミキュライトは厳しい。

というわけで、2000倍に薄めたハイポネックスで霧吹いて、また密閉へ。
全体的になかなかいい感じになってきたと思います!
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする