クレイストカクツス:黄金紐の育て方【2014年08月31日更新】

     
  和名 黄金紐(おうごんちゅう / おうごんひも)
  学名 Cleistocactus winteri
  自生地 アルゼンチン~ウルグアイ
  入手場所 横浜某園
  入手時期 2013年06月
  入手価格 100円~200円
  備考 普及種としてはよく似ているが、金紐 [Aporocactus flagelliformis]とは別物。黄金鈕はちょいと太くて立つ。金紐はちょいと細くて垂れる。らしい(売られているものでラベルが間違っている場合がかなり多いので注意が必要)。英名は「Golden Rat Tail」。かわいい。

■2013年08月08日

開花。2日間咲きました。

なんでもないところから花が咲くことが実に不思議。きれい。
 
 

■2013年09月

Seriaで購入した金紐(黄金紐説もあり)と寄せ植えしました。なんとなく金紐が徒長気味です。
 


■2014年08月

開花!今回は2つの花です!周りの金紐?も順調に伸びている気がします。真ん中のはサイズとしては、まったく大きくはなっていないです。


ちなみに撮影はいつも部屋の中ですが、普段はベランダです。

 
ちなみに以下の写真はソルソファームで売っていた金紐です。外観をみるに、やっぱりうちのは金紐ではないような気がします。
 
 

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする