サボテンは微塵のみで育つのか問題について

そういえば、昨年の秋の植え替えでこんな実験をしました。
その記事の下のほう「微塵だけでサボテンは育つのか問題」の一次結果です。
 
これが半年前の培養土をふるいに掛けてGETした微塵のみで植えた時の写真です。

 
 
 


それが半年後・・・


 
 
 
こうなりました。まぁ無難に育っていますね
越冬環境は最低気温0度ぐらい、寒い時期はほぼ断水です。 


 
こちらが結果対比用の微塵を抜いた一般のホームセンターで売っていた多肉植物用培養土で植えたもの。こちらはなんかあまり調子がよくなさそうな気が・・・。

 
 
一枚の写真で比較するこんな感じ。
左の1列が微塵のみ。
 
私は写真撮影の技術が皆無なので伝わりにくいのですが、微塵のみで育てたものは、まず色が相対的に濃いです。そしてツヤツヤしています。そんでぷっくりしているかんじでしょうか。(何故、実験開始時と同じ構図で写真を撮ることを忘れてしまうのか!)


結論として、今回の場合は「微塵のみのほうがよく育つ」と言わざるをえない感じですかねぇ。



前回の培養土の違いによって冬季のサボテン栽培に差が出る | スーパーサボテンタイムでもそうでしたが、多肉植物用培養土があまり良い結果をだしていないですね。培養土の違い=保水性の違いと捉えると、私の潅水頻度が全体的に少ないのかもしれませんね。


どうなんでしょうねぇ~。


ちなみに、今回の結果は、「植え替えの時に微塵を抜かなくてもいい」という話とイコールではありませんのでご注意をお願い致します。大きさの違う粒子が混在する場合は実験していないですから(実験すればよかったですね)。


いろんな記事で何度も書いていますが、この結果は私の環境(サボテンの種類や大きさ、潅水頻度、日照、風通し、鉢の種類や大きさ、温度、湿度、根の状態)での結果です。その点ご承知おきくださいますようお願い致しますっす。
 
 
 
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする