すごい仔吹したコリファンタを買ってきたぞ!

秋晴れの3連休初日、ブラブラと自転車で園芸店やホームセンターでサボテン探しです。

なんとも幸せですね。

そんで、ぶらっとよった普通のお花屋さん。

見つけました!掘り出し物(たぶん)!これです!

DSC_5549.JPG

コリファンタ・アンドレアエ(Coryphantha andreae)

和名:巨象丸です。

864円です。

実は、恥ずかしながら、巨象丸って初めて見たのですが、こんな仔吹しているものですかね?仔吹モンストですかね?

DSC_5550.JPG

上から。ざっと数えたところによると、仔株の数、おおよそ250強。

DSC_5555.JPG

観察すればするほど、まったく巨象感がないです。むしろです。

というわけで巨象丸についてお勉強です。

そもそも属名のコリファンタ(Coryphantha)は、ギリシャ語で「Coryph=先端の」「antha=花」の意味で、頭の頂点より花が咲く様子を表したものです。

いちばん有名な種は、何と言っても象牙丸(Coryphantha elephantidens)でしょう。

DSC_5436.JPG

我が家の象牙丸

あとコリファンタの特徴としては、何と言ってもアカダニに襲われやすいというところでしょうかね。

サボテンとアカダニ被害(動画あり)
サボテンとアカダニ被害(動画あり)
コリファンタ属といえばアカダニ被害! アカダニ被害といえばコリファンタ属!     ということで身体が赤錆っぽくなることででおなじみのアカダニ被害です!   赤錆被害ってのは以下の様なやつですね。いわゆるサビっぽくなってしまうこ...

というわけで、そんなコリファンタ属の巨象丸ですが、いろんな文献をまとめますと下記のとおりです。

巨象丸(C.andreae Purp. & Bod. 1928.)

球状で僅かに細長で鮮暗緑色。稜は扁菱形で瘤状。頂部と疣腋には、多くの羊毛を有す。外刺は8-10本で長さ約1cmで灰黄色。自生地は南部メキシコ

伊藤芳夫著「サボテン科大辞典」より要約

巨象丸(C.andreae J.A.PURP. & BÖD.)

扁球状。よく仔を出す。球径7~8cm程度。象牙丸よりコンパクト、刺も象牙丸より短いが数は多い。花は夏咲き。

平尾博著「原色サボテン写真集」より要約

巨象丸(C.andreae Purp. & Bod.)

基部よりよく仔吹する。径9cm、高さ9cm。

佐藤勉著「原色サボテン事典」より要約

つまり、象牙丸より小さめで、仔を多く出すという種なわけですね。

やはりどう考えても巨象ではないですね。

ちなみにLLIFLE – Encyclopedia of living formsのCoryphantha andreaeによれば、Coryphantha andreae(和名:巨象丸)はCoryphantha pycnacantha(和名:神楽獅子)のシノニムということになっています(写真を見る限り、Coryphantha pycnacantha[Google画像検索]とは全く違うようにみえるのですが、どういうことなんですかね?)

・・・

さて、そんなこんなで植え替えました!

DSC_5563.JPG

というわけで、がんばれ巨象丸!

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする