1年前に植え替えたサボテンはどう成長した?

 
ちょうど1年ぐらい前に「エキノプシス植え替え祭り | スーパーサボテンタイム」でエキノプシス達を植え替えました。
 
それが1年の時を経てどれぐらい成長したのか見ていきたいと思います。
 
 


1年前。
Y園培養土。

1年後。

なお、途中追肥などは一切行っていません。
よく成長したのか、プシスにしてはあまり成長していないのか、微妙なところです(素人なので)。



 
1年前。
HC培養土。
 
1年後。
撮影した写真が上下逆だったので、反転修正したので酔いそうな写真となっています。

うん。こちらはもっと大きくなってくれてもよかった感じでしょうか。
自分は潅水が辛めのほうなので(といいますか、鉢によって土が違うと一番乾きの遅い鉢にペースが合わさるので)、それが影響したのかもしれません。



1年前。
左からHC培養土、Y園培養土、K園培養土。

1年後。


まぁ、HC培養土<Y園培養土<K園培養土という気もしなくもないですが、個体差と言えば個体差ですかね。

先にも述べましたが、そもそも土の保水力が違うにもかかわらず潅水ペースは一緒で、それで比較しようということが間違っているように思います(今更!?)。



1年前。
更に適当に植えていた者達。フレーム無しの屋外放置組。

1年後。
上段の鉢。

下段の鉢。
 

金盛丸(Echinopsis calochlora)がほぼ成長していない!
ずっと雨ざらし(冬以外)の無遮光がだめだったんでしょうか。よくわかりません。
ただ、さすがはエキノプシス。猛烈な日差しにもマイナス気温にも、とりあえず怯んではいなそうです。





というわけで結論:

どんな土でもそれなりに育つ(と思いたい)!



なお、本記事は各社の培養土の優劣を決定する旨のものではありません。それぞれの培養土に、植物の種類、日照、温度、潅水頻度など様々な要素がそれぞれに複雑に絡み合いますので、どれが良いとか悪いとかはありません。自分の栽培環境にあった培養土を選ぶことが一番だと思います。

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする