フェロカクタス:赤城の育て方

     
  和名 赤城(あかぎ)
  学名 Ferocactus macrodiscus (= Ferocactus macrodiscus ssp. septemionalis?)
  入手場所 ジョイフル本田
  入手時期 2013年09月
  入手価格 200円ぐらいだったかな
  備考 フェロカクタスの中でも強健。育てやすい。大きくなっても比較的扁平に育つ良い子。最大直径50cmぐらいに育つらしい。そっくりな奴に天城というやつがいる(天城は赤城に比べて全体的に小ぶりで、赤城は中刺が直刺だが、天城は中刺が稜にそってわん曲する。あと花も違うっぽい・・・らしい)。フェロカクタス全般に言えることらしいですが、昼夜の温度差が強い刺を出すのに必要不可欠とのことです。麻雀は多分強いですね。

■2013年09月

グランカクタスガーデン様を訪ねて千葉まで行った時に、神奈川県民のあこがれホームセンターであるジョイフル本田様で3鉢購入。なんという色と艶と造形美でしょう。芸術作品です。
1号。

2号。

3号。



■2014年09月 

3月に植え替え済み。台風避難祭りの時撮影。

1号か2号か3号。わからなくなってしまいました。球体は3体とも大きくなりました。春から徐々に大きくなったというよりかは、冬の断水から普通の灌水を戻した瞬間に、爆発的に太ったという個人的イメージです。

赤城の緑色はホント綺麗だなぁと思います!



■2014年11月

寒さも本番になり、素晴らしい刺が生え出しました。その様子はまるで緑の地球に真っ赤な太陽の光が差しているかのようです(!?)。



いやー本当綺麗!赤城!綺麗だよ!赤城!
今年も頑張って冬越えてね!
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする