実生関連 実験関連

スーパーで買ってきたドラゴンフルーツを実生するぞ

ドラゴンフルーツ実生関連
ドラゴンフルーツ
スポンサーリンク

どうやらドラゴンフルーツはサボテンらしいのです。サボテンなら育てるに決まっています。よく緋牡丹が頭に乗っていることでおなじみの三角形のサボテンっぽいです(いわゆる三角柱)。

というわけでスーパーで買ってきました。300円ぐらいです。高いです。ベトナム産です。海外輸入物は完熟処理(?)がしてあって発芽しづらいという話だったのですが、国産が売っていないので仕方がないです。


とりあえず切ります。


白いドラゴンフルーツでした。どうやら白い奴は寒さに強いらしいです。あまり美味しそうには見えません。


種を果肉から分離する方法がよくわからないので、ピンセットで摘んでコーヒーフィルターに取り分けました。辛い作業です。途中飽きたら少し食べます。味は・・・好みがあるかもしれません。


腹が出ています。


ピンセットで取る作業は5分で飽きましたので、途中からはスプーンでうす~く実ごとすくってボールに移し、水洗いしながら手でほぐし、水に浮いた果肉だけをそっと捨てる(種は水に沈む)という作業を繰り返しました。


コーヒーフィルターでなんとなく、水分をとった後、クッキングペーパーで挟んで、なんとなく静音モードの空気清浄機の上において乾燥させます。この時点で、種子のまわりのゼリー状のものは取ることは出来ませんでした(出来る限り取った方がいい説と、気にしなくていい説があるようです)。


乾燥後。1000粒は超えていると思います。2日乾燥させました。ゼリー状のものが固まって、クッキングシートにパリパリについてしまいました。取るのが大変。


Y園のサボテン用培養土(実生用)の上に5mm~10mmほどの種まき用土(近くのホームセンターから購入)をしき、種を乗せます。土はかぶせません。殺菌用にベンレートを約1000倍に薄めてぶっかけます。芽が出揃うまでは乾かないよう腰水にします。種が多すぎたので、とりあえず半分だけ蒔きました。


まだ4月で発芽にはちと気温が低い気がするので実生ボックスに入れました。実生ボックスについては下記を参照のこと。湿度が高いので、ラップなどはかぶせません。

サボテン・多肉植物用実生ボックスについて
昨年の6月から初めての実生で金鯱を育てているわけですが、発芽1年目の冬越しのやり方(何度まで耐えられるかとか、潅水方法とか)がよく分からなかった結果、「冬が来なければいい」という結論に私の中で達したので、衣装ケースで実生苗用ボックスをつくり...

 

 


実生ボックスに入れてから二日目。

芽が出てきました。すごい!!!このままいけばドラゴンフルーツ長者です。
芽が出揃うまでは腰水ですかね。


ここまでの結論。

 

ドラゴンフルーツは発芽率高い。
海外輸入者でも芽が出る。
植物すごい!
 
この後の経過は追って報告いたします。

 

2014年05月07日追記

播種から1ヶ月。最初の1週間ぐらいは腰水。以降は毎日頭からやさしく水やり。いまは2日に1回ぐらい。結果、ドラゴンフルーツは芝生となった。なんという生命力!
 

 

双葉の中心は立派なサボテンになりました。植え替えする・・・必要があるのでしょうか。やはり。


というわけで、「海外輸入のフルーツは完熟処理されているため、発芽率が低い」はウソ!たぶん!

もうこれは主婦の間で、ドラゴンフルーツ種まきブームきますわ。


 

2014年08月09日追記

さて、実生BOXでほおっておいたドラゴンフルーツ軍団ですが、適当に育っています。他のサボテンの実生が始まったので、それに合わせて無理やり腰水にされたり、高湿度にされたりと過酷な状況(?)のなか、まぁ生きているようです。


面白いのは、角鉢の一面に近い部分だけにょきにょきしていることです。なんででしょうか。4ヶ月間、ビオルックスの明かりだけです。水やりは極めて適当です。表面の土の状況も見えませんし。



パキポディウム/ラメリーの鉢に生えてた多分ドラゴンフルーツ。


余った種を金鯱実生のタッパーにゴマのようにかけてみたドラゴンフルーツ。


ヒョロヒョロなのが、普通なのか徒長しているのかはわかりません。いずれによ、もう植え替えしないといけないですねー。

続きの記事はこちら。
スーパーのドラゴンフルーツの実生1年後
約1年前にスーパーで買ってきたドラゴンフルーツを見よう見まねで実生しました。 当時の記事はこちら 成長経過を記事にするのを忘れていました。 下の写真たちは2014年9月の時の状況です。5ヶ月経っての初めての植え替えです。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました