サボテン紹介関連 実生関連 接木・挿木・植え替え関連

キリンウチワ接ぎの刺無金鯱と綴化について

サボテン紹介関連
スポンサーリンク

というわけで今回は、今を遡ること2年ぐらい前に実生した刺無金鯱(echinocactus grusonii var. brevispinus=inermis)の自分のための栽培記録です!

 

2015年10月。下の写真の右下のが刺無金鯱の実生苗です。早速実生接ぎをしました。
発芽から2ヶ月ぐらいだったでしょうか(忘れました)。

ちなみにキリンウチワに接ぎ木したときの記事にはこちらです。

サボテン接ぎ木入門(キリン団扇編)
かつての似たような記事はこちら というわけで初めてのキリンウチワ接ぎです。 参考書はいつものとおりこちら。 キリンウチワ(麒麟団扇)というのはこれ。学名はPeireskiopsis velutina。 キリンウチ...

 

・・・

 

2015年11月。活着を確認。まだ赤くて可愛いですね。

 

・・・

 

2016年6月の様子。 冬を越して緑になってきました。植替えを怠ったからか、キリンウチワ接ぎにしてはあまり成長速度が速くない気がします。

 

 

・・・ 

 

 

2016年7月の様子。気温も上がりキリンウチワ向きの季節です。順調に成長しています。そしてよく見ると穂木の右下に子供がいます。

 

 

・・・

 

 

2016年12月の様子。冬で葉が落ちてきました。そろそろ降ろさないといけないのですかね。そして真っ赤な子供が地味に綴化気味でした。

 

 

・・・

 

 

2017年4月。無事冬も超えましたので、子供のほうをカミソリで外して竜神木(Myrtillocactus geometrizans)に接いでみました。エキノカクタスとの親和性はよくわかりません。

 

 

 

・・・そんで現在。

 

 

 

2017年8月。綺麗に綴化してくれました!

 

横からのショット。美しい。。。

綴化キリン団扇接ぎ

 

というわけで、やはり面白いですね。サボテン!

コメント

タイトルとURLをコピーしました