サボテン紹介関連 実験関連 接木・挿木・植え替え関連

サボテン接木!階段状ウチワサボテンへの揚げ接ぎ大作戦!

サボテン紹介関連
スポンサーリンク

というわけで、「サボテン接木は経験がすべて!見よう見まねで接木やるぞシリーズ」です。

今回は、ウチワサボテン(大丸盆)綴化サボテン大量に接いでみたいと思います。

 

ちなみにかつてのサボテン接木記事はこちらあたり

サボテン接ぎ木入門(杢キリン編)
というわけで、初めての「見よう見まね接ぎ木シリーズ」です。 過去の接ぎ木関係の記事はこちら。 サボテン接ぎ木入門(キリン団扇編)|スーパーサボテンタイム サボテン接ぎ木入門(竜神木編)|スーパーサボテンタイム ...
サボテン接ぎ木入門(団扇サボテン編)
というわけで、初めての団扇サボテンへの接ぎ木なのです! というわけで、参考にした動画はこちらです! まずは服を脱ぐのがマナーのようですね! さて、ウチワ接ぎに関して、手元の書籍やWEBか...
サボテン接ぎ木入門(竜神木編)
というわけで、サボテン栽培家レベルが初級から中級に上がる時の昇格試験でお馴染みの(!?)「接ぎ木」であります。 失敗するのが怖くて、なかなか手が出ない接ぎ木シリーズなのですが、チャレンジできる季節もおおよそ決まっている...
サボテン接ぎ木入門(キリン団扇編)
かつての似たような記事はこちら というわけで初めてのキリンウチワ接ぎです。 参考書はいつものとおりこちら。 キリンウチワ(麒麟団扇)というのはこれ。学名はPeireskiopsis velutina。 キリンウチ...
初めてのサボテン接ぎ木(短毛丸編)
♪ほ~しクズが~ う~みにおち~て か~いになあたっよ~ (天才・たけしの元気が出るテレビ!!のテーマより) というわけで「勇気を出してはじめての接ぎ木」です! サボテン栽培を極める上で避けては取れない道、・・・そう、それは接...

 

 

というわけで、今回の台木はこちらです!
ルーフバルコニーに生えていたでっかいやつ(写真は春の植え替え時の写真)

 

一節切って、切断面に発根促進剤ルートン先生を塗っときます。

 

今回は発根を待たずに接ぎました。このような抜き上げた状態で接ぐことを専門用語(?)で「揚げ接ぎ」といいます。揚げ接ぎは、袖ヶ浦や臥竜など、粘液性の多汁質な台木(つまり切断面の乾燥が遅い台木)のときに推奨されます。

逆に台木が鉢に根付いている状態で接ぐことを「置き接ぎ」または「据え接ぎ」と言います。覚えておくとプロっぽいのおすすめです。

 

そんで接ぐのはこちら!残雪の峰(Monvillea spegzzinii f.crist)さん。ホームセンター出身!別に接ぐ必要はないぐらい成長は旺盛です。

 

というわけで、大丸盆を階段状にカットして、残雪の峰も片っ端から頭を切って接いでいきます。

 

こんなかんじ。ウチワサボテンは維管束形成層が団扇の外周付近にあります。

 

上記の理由から中心軸から少しずらして配置します。

 

はい、完成!

 

これはあれですよ!

2ヶ月後には絶対メデューサみたいになってますわ(下は参考画像)!

Medusa Bernini Musei CapitoliniBy Gian Lorenzo Bernini (Italian, 1598–1680) and students (Jastrow (2006)) [Public domain], via Wikimedia Commons

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

・・・それから2ヶ月後。

はたして蛇のような髪の毛は生えたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どーん!

 

これはひどい!

 

 

すべての接ぎが失敗しました。

ウチワサボテン接ぎ

 

うーむ。

写真ではわかりませんが、実は糸とかセロハンテープとかで圧力をかけたものもあったのですが、全部失敗。

 

さすがに、ひとつぐらい成功しててもよいのでは?と思いましたが、伊藤先生の本を読んでいるとこんな事が書いてありました。

這団扇や銀世界や紅花団扇は、切断面の乾燥が早いので、揚げ接ぎするよりも、鉢接ぎの方がよく、それも接ぐ2-3時間前に、たっぷり潅水したほうが、切断面に水分が多くなって接ぎやすくなります。(要約)

伊藤芳夫「サボテンの栽培と観賞」より

 

なるほどですね~。乾燥し過ぎが原因でしょうかね。

次回はウチワサボテンは根が出てからたっぷり潅水して接ぎましょう!

 

良い経験をしましたZE。

コメント

  1. 匿名 より:

    貴重な経験ありがとうございます!!!

タイトルとURLをコピーしました