大輪柱(Selenicereus grandiflorus)、大輪の花が咲く!

というわけで、大輪柱(Selenicereus grandiflorus)が我が家で初めて咲きました!

大輪柱とは、名前の通り大輪の花を夜に咲かせてくれる森林性の紐サボテンの一種です(学名の「grandiflora」は、ラテン語で「大きな花」という意味)。

下の写真が蕾の状態です。咲く直前に撮影のために部屋に確保です。

DSC_5299.JPG

手と比較(ピンぼけ)。大きいですねぇ。この状態で夕方6時ぐらいです。

DSC_5300.JPG

というわけで開花の瞬間を、いつものタイムラプスでどうぞ!

サボテン開花動画
サボテン開花動画
Youtubeにアップロードした動画など。 エキノプシス交配種/ロビオの王様(Echinopsis sp.) エキノプシス交配種...

こちらは全景。

そのボディーは支柱を超えて暴れまくりです。暴れはじめの段階で支柱に絡ませていかないとこのように面倒なことになります。

DSC_5309.JPG

なお3年前のお姿がこちら。

森林性紐サボテンブームがきたぞ!
森林性紐サボテンブームがきたぞ!
ぱんさ先生の森林性紐サボテンのページをみて、紐サボテンブームがきました!私の中だけで。なんてったって森林性紐サボテンは花が大きいのが...

ちなみに、上のリンクの時から一度も植え替えしていません。実のところ植え替えはしたいのですが、支柱に絡まったサボテンをどのように植え替えていいかよくわからず、そのままです。

また、この時の記事では、「頑張って大きくなぁれ!いつか大きな花を見ながら酒を飲むのだ!」と書かれていますが、お酒を飲むのは忘れました。

花は残念ながら月下美人とかと同じで一夜で萎んでしまいます。でもまた、その儚さも良いですね。

DSC_5305.JPG

 

手の大きさはこんな感じ。 

DSC_5307.JPG

 

これは確かに大輪ですわ。

読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする

コメント

  1. しげ より:

    開花おめでとうございます。
    うちは三年の巨大になった夜の女王を
    育てておりますが、今年は蕾を!!
    と期待しておりたしたが、いま付けないとなれば、今年は無理かな、、、

    なぜ咲かないのかなぁ、!

  2. しげさん、

    こんにちは!書き込みありがとうございます!
    うちの夜の女王も三年ぐらいですが、咲きませんね!

    セレニケレウスが、孔雀サボテンと同じ性質だと仮定しますと、花芽の分化は(たしか)休眠期に起こるはずですので、冬は寒さに当てるか、断水気味にするかしないと花は咲かないような気がします。例えば部屋の中でぬくぬく水やりをしていたらダメだと思います。
    かと言って外出しっぱなしで冷害で死なれても困るわけで・・・なかなか難しいですね。