紐サボテンの逆さ吊り鉢を作るぞ!

まず「逆さ吊り鉢」という言葉が正しいかわかりませんのでご注意ください!
よく吊り鉢の底から垂れる系の植物が生えているやつです!そうあれです!
 
 
 
というわけで、サボテンでそれをやってみます。
 
 
 
主人公は、いかにも徒長しましたという感じのベランダで放置されたドラゴンフルーツ実生2年目だか3年目。
 
三角柱ですね。いわゆる。
 

 
スリット鉢にドリルで穴をペガサス流星拳のごとく開けて、ニッパで穴を繋いでいきます。

カッターで整形して、終了です。
穴の大きさは重要です。入れる植物とピッタリサイズにしたほうが良いと思います。

あと、鉢の縁に吊るすようの針金のための小さい穴を2箇所か4箇所ぐらい開けます。

ドラゴンフルーツを抜きます。

鉢の底から突っ込みんで、鉢の(本来の)上から土を入れます。



針金で吊って完成で、あらオシャレ!
ちなみに腕が太いのは、私が太っているからではなくて遠近法的なやつです!!

とりあえず室内で養生です。ドラゴンフルーツ自体が寒さに弱いので、今年は室内ですかね。
水は数日経ってからあげます。
ちなみに下の写真の右はリコポディウム(フペルジア?)です。(詳しくはリコポディウムを吊り鉢仕立てにするぞ! | スーパーサボテンタイム)。

自分で言うのも何ですが、とてつもなくカッコイイです!

さてさて、根の重力屈性・葉の光屈性が今後どうなっていくのでしょうかね。
楽しみです。
※構造的に潅水の水分が茎側に貯まリやすいと思いますので、そこがどうなるかですね~。


ちなみに逆さ関連で言えば、大昔「スカイプランターを自作するぞ! | スーパーサボテンタイム」というのもやりましたので、ご興味があればご参照ください~。
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする