エケベリア花芽挿しの2ヶ月後

前回の記事はこちら「大型エケベリアの花芽挿しをするぞ!」。
 
 
見よう見まねでバラバラに解体したパーティードレスですが、2ヶ月が経ちました。
 
 

解体後の置き場所は室内の明るい半日陰です。

向かって左上が、胴切りしたパーティードレスの上の部分。右上あたりが、花芽についていた葉っぱみたいな部分。左の棒が、花芽の茎。下の方の緑っぽい奴らは、近くにあったフサフサカランコエ軍団です。


というわけで、根っこでてます!勉強不足なのですが、そもそも花芽についていたこれは葉っぱ?それとも花びらなんでしょうかね?

こっちも!(下のほうの黒い葉っぱは、黒い別のエケベリアの葉挿しです)


花芽の茎の中間部分を挿したもの1号(葉っぱっぽいのなし)を引っこ抜いた結果。全く根が出ていません。

花芽の茎の中間部分を挿したもの2号(葉っぱっぽいのなし)。こっちも全く根が出ていません。

花芽の茎の頂点部分を挿したもの(葉っぱっぽいの付き)。うおおおおおおおおおおおおおおお!

そういえば、この花芽挿しなのですが、今後どういうふうに育つのでしょうかね。どうやってあのエレガンスなパーティードレスになるのでしょうか。まさかエケベリアの花が咲くだけなのでしょうか???


というわけで、ここまでの結果でわかったことは、

葉っぱ(花びら?)っぽい部分は、根っこを出すパワーを持っている・・・と思う!

ってことでしょうか。

※今回の結果からでは、「花芽の茎に関しては、成長点の残っているものは、根っこを出すパワーを持っている」かもしれないのですが、葉挿し(花びら挿し?)のシステムを考えても、やはり「葉(花びら?)」が重要なのでしょう。「葉っぱ(花びら?)付きの成長点のない中間の茎」で実験しなかったことが悔やまれます。




ちなみに、胴切りの下の部分はこちら(置き場所はベランダフレーム内、夜間撮影)。

なにやら蝶々のようなかわいい芽が出てきました!
どうかこのまま頑張ってくださいな!
読んでいただきありがとうございます!実はブログランキングに参加しておりますので、ぜひ下のボタンをワンクリックお願い致しますっす!
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

スーパーサボテンタイム管理者

2013年に知人宅にあった金鯱の美しさに一目惚れして、サボテン栽培を開始する。栽培場所はベランダとルーフバルコニー。好きなサボテンは海王丸。

シェアする

フォローする